読み込み中...

0 ヵ所 あなたの近くで見つかりました

    クラスを検索する

    クラス一覧
    地図に戻る

    該当する結果がありません

    該当する結果がありません。ヒント:一番近い都市名で検索してください。


    お問い合わせ


    メンバーシップを超えた人間関係をどのようにして築いていくのか、ぜひ私たちに聞いてください。


    こちらは入力必須項目です。
    こちらは入力必須項目です。
    こちらは入力必須項目です。
    What's your phone number?
    Who are you?
    What's your role?
    This field is required.
    This field is required.
    This field is required.

    このフォームを送信することにより、あなたは利用規約に同意することになります。

    Error

    • {{validation.errorMessage}}

    サイクリングは無料にすべきか、有料にすべきか?

    Les Mills

    正しい答えはありませんが、クラブに適切な選択をするために、環境に合ったソリューションを学びましょう。

    総合クラブでビジネスモデルを選択する際、沢山の要素を考慮しなければならない。

    収益モデルだけではなく、以下の要素も考慮が必要。

    外部環境

    それは競争の激しい市場ですか?ターゲットの余地はありますか?

    存在価値のポジション

    メンバーシップのオファー内容とコアプロダクトは何ですか?メンバーが求めている内容とオファー内容に相違はないですか?またはメンバーのニーズに合ったコアプロダクトがあり、サイクルはオプションとなっていますか?

    内部環境

    今以上のメンバーを収容するキャパシティがありますか?サイクリング以外のプログラムはありますか?それは会費に含まれていますか?それとも追加オプションでしょうか?

    正解は白黒はっきりしていません。深い分析をしないのならば、「クラス単位の課金モデル」を検討した方が良いかもしれません。

    下記のような特殊な状況であれば適切かもしれません。

    • 会費が市場でかなり低い方であり、サイクリングはコアバリューではない。
    • 小さいスタジオ(少ない器具)に対してメンバーの数が多く、サイクリングのオファーが常に良く売れている。
      この場合はピークタイムのクラスや人気インストラクターには別途予約料を設定しても良いかもしれません。

    • 会員数と参加者数が増える可能性はなく、これ以上の収入は副収入しかない。

    これら以外の総合クラブの場合は、クラス参加費を含めた会費の設定で、数ドルアップさせるのが良いでしょう。

    会員ベースの増加とそれによる会員保持への影響を考えると、クラスごとの課金による補助的収入よりも、利益が上がるでしょう。

    サイクリングによる収益の可能性は一つではありません。サイクルセミナーに参加して詳細を学ぶ。

    調査
    レズミルズとのパートナーシップをお考えですか?ご相談ください。


    お問い合わせ


    メンバーシップを超えた人間関係をどのようにして築いていくのか、ぜひ私たちに聞いてください。


    こちらは入力必須項目です。
    こちらは入力必須項目です。
    こちらは入力必須項目です。
    What's your phone number?
    Who are you?
    What's your role?
    This field is required.
    This field is required.
    This field is required.

    このフォームを送信することにより、あなたは利用規約に同意することになります。

    Error

    • {{validation.errorMessage}}