お問い合わせ


メンバーシップを超えた人間関係をどのようにして築いていくのか、ぜひ私たちに聞いてください。


こちらは入力必須項目です。
こちらは入力必須項目です。
こちらは入力必須項目です。
What's your phone number?
Who are you?
What's your role?
This field is required.
This field is required.
This field is required.

このフォームを送信することにより、あなたは利用規約に同意することになります。

フォームにエラーがあります

  • {{validation.errorMessage}}
クラブマネジメント

将来はフィットネスだけではない

レズミルズとのパートナーシップをお考えですか?ご相談ください。
Phillip Mills

フィットネス業界以外のトレンドとジムの融合が進むにつれ、将来のフィットネスクラブは更に楽しいもの、社会的なもの、そして幅広い健康を提案するものになるでしょう。

では、この新しい需要に対して今後どのようなフィットネスクラブが求められるのでしょうか?そしてフィットネスクラブはどのような進化を求められるのでしょうか?

今やスポーツジムは主流となり、より良い世界を目指す多くの注目される成長著しい企業と共にその文化構築を担っています。そうした環境で、私が今、最も気になるのは、次に何が起こるかということです。フィットネス、ヘルス、科学、テクノロジー、ゲームなどの境界線を越えて、フィットネス産業は大きな岐路に立っていると考えています。

フィットネスジムかヘルスクラブか?

恐らく、世界的な健康危機の3/4の問題は、不摂生な食事、運動不足、環境汚染など、その多くは私たちに起因します。現代の医療制度下では、よほどのことで無い限り、救急車は来てくれません。

私たちの産業は、この状態の悪化を防ぐフェンスとなりうる可能性を持っています。しかし、世界的な健康危機がより複雑でよりディープな需要や機会を生み出しているにもかかわらず、実際にこの業界で最速の成長を遂げているのは最小限の安価なフィットネスクラブだけなのです。


フィットネスを楽しいものにする

要するに、少しの手直しだけでフィットネス業界が時代の変化について行けると考えるのは不確実だということです。例えば、健康保険や医療など、他の業界は既に動き出しています。また政府機関も同様です。もしもここでフィットネス業界がこの問題を解決しないのであれば、誰かしらがそれを行うことになるでしょう。

どうすれば、より効果的で、労力が少なく、あるいは、単に楽しいからという理由で人気のあるソリューションにより、この業界が取り残されるのを防ぐことができるでしょうか?

解決策が3つあります。フィットネスをさらに楽しいものにする、エクササイズをソーシャルなものにする、そして「単なるジム」ではなく「本当のヘルスクラブ」を創造する、この3つです。

明るい照明、白い壁、巨大な鏡のグループエクササイズルームは、冷たく、威圧的な空間で、メンバーも気後れしてしまいます。活気のない空間に耐えてもらわなければならない人々に対し、どんなメッセージを伝えますか?メンバーは、私たちが彼らの健康促進に貢献しようとしていると感じてくれるでしょうか?

クラブをもっと楽しい場所にするには、そこでの素晴らしい体験がカギになります。居心地の良い構造とデザインがその第一歩です。使いやすい器具の保管場所、換気、洗面所や水飲み場の設置、音響と照明などの各種設備が整っていれば、落ち着きのある、活気に満ちた空間を作ることができます。

テクノロジーも極めて重大な影響をもたらします。ほぼ毎週、最新のインタラクティブな「エクサゲーミング」(運動とゲームの組み合わせ)が市場に登場し、その多くはヘルスクラブのスペース用に設計されています。

優れたオーディオビジュアルテクノロジーもまた、エクササイズを魅力的にし、クラブをより居心地の良い場所にしてくれます。

現代、実に多くの人々が何らかのデジタルゲームのプラットフォームにアクセスできる手段を、自宅、あるいはポケットにもつようになりました。ゲームプログラマーたちが、ゲーム、エクササイズ、そしておもしろさを1つのエクスペリエンスに融合させることに長けていくに従い、この技術が、苦難を伴うエクササイズという従来のヘルスクラブモデルにとって試練となる潜在的な変革をもたらています。

ジムでの経験を、いかに代替手段と同じくらい楽しいものにするのかは、私たちにかかっています

さらにソーシャルなフィットネス体験

成功を左右するのは、お客様とジムとの友好な関係性だけではなく、お客様同士の繋がりにも関わってきます。私の友人であり業界コンサルタントであるMichael Scott Scudderは、「友達ができすぎたから、ジムが楽しすぎるから、という理由でジムを退会する人は一人もいない」と言います。

グループエクササイズは、このソーシャルの場を構築するのにとても有効な環境です。さらに収益力もあります。しかしヘルスクラブにてソーシャルな雰囲気を作る方法はこれだけではありません。次にご紹介するように、他にも機会はあります。

  • 少人数制のパーソナルトレーニング:6名から8名でスポーツチームのような友情を築きます。そこで得られる結果と手に入れた友情のために、メンバーは何度も何度も契約を更新します。
  • 'クラブ内クラブ'の結成が、ソーシャルネットワークやロイヤリティの構築に役立ちます。ヘルシークッキングやワインテイスティング、個人のスキルアップや栄養講座などを企画したり、マラソンやチャリティーサイクリングなどにクラブ単位で申し込みをするなどです。
  • ソーシャルメディアを最大限に活用して、メンバー同士でオンライン交流を通じて励まし合い刺激し合える場所を作ります。これによりメンバー同士やインストラクターと強い絆が生まれ、自分がコミュニティに属していると感じさせることができます。

真のヘルスクラブ、ウェルネスクラブになる

3つ目の最大の課題は、エクササイズ体験の中心から、総合的なウェルネス(身体的な健康と幸福)の中心になることです。真の「ヘルス」クラブとは、単に興味のある人、趣味で通う人、専門的に通う人、マニアまで、すべての人の良い健康状態とその幅広いコミュニティの豊かさをもたらす施設のことをいいます。下記の例のように、健康に対するフォーカスを広げるのも良いかもしれません。

  • ニュースレターを定期発行して、ワンポイントアドバイスや健康、食、運動についての記事、環境汚染の避け方などを掲載する。こうすることで、ただのジムからウェルネスの提供者となるのです。その他、ジムとしてできること、使えるリソースなどを詳しく知りたい方は、Fit Planetニュースレターをご覧ください。

  • クラブでセミナーを開催するなどして、コミュニティの他の提供者と繋がりをもちましょう。お客様と一対一でウェルネスモデルを提案できるようにスタッフを教育します。

  • 地元の病院や他の医療提供者へディスカウントやエクササイズ教育を提供する。医師や看護師、医学療法士からの「ジムに通ってみては」という誘致よりも強力なものはありません。

フィットネストレンドと健康の動向の先端を行く

最終的には、私たちの業界は単にフィットネスだけではなく、それ以上の機会を創造する先駆者であるべきです。そのためには、より幅広くトレンドを見渡してそれが私たちの運営にどのように組み込むことができるのか、メンバーを引き付けて定着させるにはどうすべきかについて、常に考える必要があります。それができたとき、人々に利益をもたらすという可能性に近づくことができるでしょう。さて、あなたのクラブが提供しているものを見直す準備はできましたか?

フィットネス業界のトレンドと健康分野の洞察について、ビデオシリーズをご覧ください。

クラブ運営のヒント
レズミルズとのパートナーシップをお考えですか?ご相談ください。


お問い合わせ


メンバーシップを超えた人間関係をどのようにして築いていくのか、ぜひ私たちに聞いてください。


こちらは入力必須項目です。
こちらは入力必須項目です。
こちらは入力必須項目です。
What's your phone number?
Who are you?
What's your role?
This field is required.
This field is required.
This field is required.

このフォームを送信することにより、あなたは利用規約に同意することになります。

フォームにエラーがあります

  • {{validation.errorMessage}}