読み込み中...

0 ヵ所 あなたの近くで見つかりました

    クラスを検索する

    クラス一覧
    地図に戻る

    該当する結果がありません

    該当する結果がありません。ヒント:一番近い都市名で検索してください。


    お問い合わせ


    メンバーシップを超えた人間関係をどのようにして築いていくのか、ぜひ私たちに聞いてください。


    こちらは入力必須項目です。
    こちらは入力必須項目です。
    こちらは入力必須項目です。
    What's your phone number?
    Who are you?
    What's your role?
    This field is required.
    This field is required.
    This field is required.

    このフォームを送信することにより、あなたは利用規約に同意することになります。

    Error

    • {{validation.errorMessage}}
    Trend and news

    「職場のウェルネス」ブームを活用する方法

    従業員の健康や仕事に対する積極性、生産性、そしてチークワークを向上させるためにはグループエクササイズが有効であるとの認識が企業間で高まる中、職場のウェルネスが大きなビジネスチャンスへと発展しています。あなたのクラブでは、これを活用する用意はできていますか?

    Les Mills

    60-second summary

    • グローバルウェルネス研究所によると、「職場のウェルネス」の市場価値は480億米ドルで、前年比で8%増加している
    • 法人顧客に向けて魅力のある包括的なエクササイズソリューションを提供すると、収益増加や会員獲得につなげることができる
    • 最近発表されたデロイト・コーポレート・ウェルネスレポートによると、雇用者の78%が3年以内に運動プログラムに投資することを検討している
    • リーズメトロポリタン大学による研究によると、勤務時間中にエクササイズを行うと、スタッフの生産性や時間管理、仕事への満足度などが15%向上する可能性がある

    より健康になり、積極性が高まり、生産性が上がり、団結力が高まる。これらは従業員に一緒に運動するよう奨励し、それが実現できたときに得られる多大な利益のほんの一端にすぎません。

    エクササイズ(特に勤務時間中の)がスタッフの生産性や時間管理、仕事に対する満足度を高めることを示唆する研究などによって、「汗をかくこと」とチームの絆という組み合わせの概念が確立されたのは随分前のことです。

    しかし身体や精神のウェルビーイングに対する意識がより一般化するにつれ、職場のウェルビーイングという構想が、いま世界中で加速的に広まっています。

    最近発表されたデロイト・コーポレート・ウェルネスレポートによると、雇用者の78%が3年以内に運動プログラムに投資することを検討中であることが分かっています。また、既に実施されている大半のプログラムにおいても、運動が主流となっているようです。

    その一方で、グローバルウェルネス研究所(GWI)は昨年、職場のウェルネス市場は現在480億米ドルの価値があり、前年比では4.8%の増加と、前例のないペースで成長しているということを発表しました。

    身体的および精神的健康のスクリーニング評価やウェルビーイング関連のワークショップ、そしてウェアラブルデバイスなど様々なサービスに対する雇用者の支出を追跡している同研究所の報告によると、世界中のウェルネス市場の中で職場のウェルネスがもっとも急成長している分野のひとつであり、現在その価値は4.2兆米ドルであるという驚くべき数字を発表しました。

    雇用者の78%が3年以内に運動プログラムに投資することを検討中

    未開発の可能性

    ウェルネスは日常生活のあらゆる側面(特に人々が生活し、移動し、働くところ)とつながるものであるため、職場のウェルネスは、もっとも大きな成長が期待される三分野のうちのひとつだとされています。

    結果として、勢いのある新興企業から安定した企業に至るまで、先進的な企業は職場のウェルネス構想に大きく投資して優秀な人材を採用あるいは維持し、積極的に従業員に貢献しています。

    この分野に特化するNuffield Health社は、イギリス全土に200件以上もの法人向けオンサイトジム(そのほとんどでレズミルズのグループエクササイズクラスを実施)を展開しています。このおかげで、導入した企業の従業員のうち平均41%が会員となり、また無料の施設の場合は80%が利用しています。

    デロイト・コーポレート・ウェルネスレポートによると、オンサイトのフィットネスクラスはいま雇用者が提供しているものの中でもっとも人気が高いといいます。スポーツジムでの会費補助に加え、2018年にウェルネス戦略を進めたアメリカの企業のうち70%がオンサイトジムを提供しています。

    もちろんオンサイトジムはほとんどの事業にとって贅沢なサービスなので、多くの企業にとっては近隣のヘルスクラブと提携する方がずっと現実的な選択肢と言えるでしょう。

    ストックホルムにある最先端のジム、SATSストゥーレプランのオーナーはこれをいち早く認識し、2015年に世界で初めてサイクリングプログラムTHE TRIP™を提供したスポーツクラブのひとつとなりました。

    同クラブではIMMERSIVE FITNESS™の力を利用して、その迫力で参加者を夢中にさせるTHE TRIPでサイクルスタジオの法人予約を集め、ひとクラスにつき3000 SEK(約34000円)を得ています。通常、週に2、3回ほど近隣の企業から来るチームにこうしたクラスを提供しています。法人予約はクラブにとって都合の良い補助収入源となっており、法人契約を通じて数多くの利用者をクラブに引き寄せますが、さらにその一部は正会員となってクラブに残ってくれるのです。

    多くの企業にとっては近隣のヘルスクラブと提携する方が現実的な選択肢である

    企業が抱える問題を解決する

    法人向けウェルネスのスペシャリストであるPUSH Mind and Body社もまた、栄養摂取やエクササイズについてのワークショップを顧客に向けて実施すると多大なプラスの影響があると指摘しています。

    同社の創業者ケイト・マーデン氏によると、2年に渡るロンドンのHAVAS Mediaとの提携の間に、スタッフの離職率は30%から4.5%へと低下し、チームメンバーの入れ替えに費やしたであろう150万ポンドの支出を削減することができたといいます。

    「数字がすべてを物語っています。」職場のウェルビーイングを提供するInnerfit社の創業者、クリス・ピナー氏はこう言っています。「従業員が同僚と一緒にワークアウトを行うと、中立的な環境の中でインターンから重役までが団結し、スタッフの間に計り知れないほどのチームスピリットを生み出します。」

    若干の問題があるとすれば、あなたのスポーツクラブと提携すれば、その企業のスタッフや収益にも同様の目覚ましい成果が現れるということをHRマネージャーに納得してもらう必要があるということです。

    「そのためには、その企業が抱えている課題の中に、あなたのクラブが解決できるものがあるということをはっきりさせる必要があります。」InnocentWeWork、そして法律事務所のMacFarlanes LLPなどの企業で法人向けウェルネス構想を実現してきたピナー氏はこう説明します。

    「スタッフは忙しさで時間が不足していないか?欠勤率は高くないか?一日中デスクに座っていることで多くのスタッフに筋骨格の問題が発生していないか?現在どのような福利厚生を提供しているか?そして、あなたのクラブの法人向けウェルネスパッケージがそうした課題をどう補えるか?」

    「その企業がどんな問題を解決したいのかに焦点を絞る必要がありますが、最終的にあなたのクラブが提供するのは魅力のある包括的なサービスでなくてはいけません。」ピナー氏はこう語ります。「企業が抱える大きな課題を解決するには、たった5%の従業員を惹きつけることしかできないグループエクササイズクラスを提供しても、意味はないからです。」

    ピナー氏によると、クラブはHRマネージャーの立場になって考える必要があると言います。「彼らの関心事にしっかりと耳を傾けましょう。あなたが自分のクラブの会員について普段しているように、彼らの従業員が何を求めているのかを学び、法人向けのウェルネスパッケージをそれぞれの顧客に合わせて丁寧にカスタマイズしましょう。」

    Convincing HR managers that partnering with your club can deliver impressive results for their staff is key

    クラブ近隣の従業員にとって魅力的で、包括的で、柔軟性に富んだエクササイズソリューションを提供することで、職場のウェルネスに成功し、大きな、そして今後も大きくなり続けるトレンドから利益を得ることができるのです。

    _________

    法人向けウェルネスで成功するための3つの方法

    魅力のあるプログラムにする

    THE TRIPなどのグループエクササイズは実績のある人気プログラムであり、一回限りの法人ゲストを正会員に変える力があります。

    包括的なプログラムにする

    全体のたった5%を引き付けるのではいけません。あらゆる従業員に等しくメリットがあるエクササイズソリューションは何かをはっきりさせましょう。

    柔軟性に富んだプログラムにする

    従業員が忙しく時間がない場合は、彼らのスケジュールに合わせてクラスを組みましょう。ただし正会員を犠牲にしてまで法人向けセッションを優先させないように気を付けてください。

    _________