読み込み中...

0 ヵ所 あなたの近くで見つかりました

    クラスを検索する

    クラス一覧
    地図に戻る

    該当する結果がありません

    該当する結果がありません。ヒント:一番近い都市名で検索してください。


    お問い合わせ


    メンバーシップを超えた人間関係をどのようにして築いていくのか、ぜひ私たちに聞いてください。


    こちらは入力必須項目です。
    こちらは入力必須項目です。
    こちらは入力必須項目です。
    What's your phone number?
    Who are you?
    What's your role?
    This field is required.
    This field is required.
    This field is required.

    このフォームを送信することにより、あなたは利用規約に同意することになります。

    Error

    • {{validation.errorMessage}}
    Trend and news

    HIITの過ち:スポーツクラブが抱く誤解

    高強度インターバルトレーニングは、フィットネス消費者の間で人気が高く影響力の大きいトレーニング法で、いまや至る所で行われています。しかし少し注意深く見てみると、HIIT人気に乗じて行われているワークアウトの多くが、実際にはHIITとはかけ離れたものであることが分かります。ここではその理由について掘り下げ、スポーツクラブが会員に安全で効果的なHIITを確実に提供できる方法について探ります。

    Les Mills

    急上昇する消費者人気に押され、いまや世界中のフィットネス施設の62%が何らかの形で高強度インターバルトレーニングのクラスを提供しており、HIITはスポーツクラブのタイムテーブルにとってなくてはならない存在となっています。

    目覚ましい効果が短期間で保証されていることから、HIITはいまやジムに通う人口の80%を占めると言われる時間的余裕のないミレニアル世代やZ世代(いわゆるアクティブ世代)にとって、頼りになるワークアウトなのです。良質なHIITクラスは、スポーツクラブにとって若い会員を引き付け維持することができる確実な手段ともなっています。

    ブティックブームに後押しされ、スポーツクラブが急にたくさんのクラス名にHIITという表記を添えるようになったのは無理もないでしょう。

    とはいえ、あらゆるHIITに対して熱狂が巻き起こるなか、社会は本来のHIITとは何であったかを見失ってしまったのでしょうか?一般的な消費者は、行きつけのブティックで行なっている、HIITをテーマとしたお気に入りの60分間のブートキャンプが、実は医学的には無茶なことだと知っているでしょうか?また、HIITという名を濫用しているスポーツクラブにとっては、どんな危険があるのでしょうか?

    それでは現状について見ていき、スポーツクラブがどうすれば信用を保ちつつHIITブームを利用することができるのかについて探りましょう。

    施設で人気のHIITワークアウトを提供するには、いくつかの点を考慮しなければならない

    デタラメなHIITを斬る

    HIITとは何であるかという定義から始めましょう。ペンシルベニア州立大学の運動学部准教授、ジンジャー・ゴットシャル博士によると、「高強度インターバルトレーニングは持続時間全体の三分の二において心拍数が85%以上となるものです。通常、個人が質の高いHIITを行える時間は最長30分です。」と定義しています。

    短時間に激しい運動を行うとEPOC(運動後過剰酸素消費)反応を誘発し、代謝率が高まり、ワークアウト後も数時間に及んでより多くのカロリーを燃焼することができるようになります。HIITEPOC効果を引き起こすことのできる最も効果的なワークアウトであることが明らかになっており、このことによって脂肪を燃焼させる人気のワークアウトとしての地位が確立してきました。

    その他のトレーニングでもEPOC効果を引き出すことはできますが、スポーツクラブがワークアウトメニューやマーケティングにしきりにHIITを使うようになったのは、このHIITの知名度の高さが原因のひとつでしょう。

    しかしながら、個人が安全にHIITを行える上限は30分ですから、クラス時間を45分あるいは1時間に延ばしたブートキャンプスタイルのクラスは、HIITとは異なるインターバルトレーニングであると言えるでしょう。

    とはいえ、こうした類いのワークアウトがこの業界の成長を助け、フィットネスをメジャーにしたことを考えれば、そのワークアウトが厳密な意味でHIITと言えるかどうかは重要な問題でしょうか?そして本当に会員はそんなことを気にしているでしょうか?

    危険な勝負

    HIITが非常に効果的なトレーニング法だとされるのは、私たちの身体に「衝撃」を与えることで急激な変化を引き起こすことができるからです。しかし、実際には多くのHIITが効果があるというより、むしろ害になっているのです。

    2018年アメリカンカレッジオブスポーツメディスンのカンファレンスでゴットシャル博士が発表した重要な研究によって、最大心拍数90%以上(HIITのワークアウト時間の大半はこの状態となる)のエクササイズを週に40分以上行うと、得られるべきメリットは徐々に減少し、ケガのリスクが増大するということが明らかになりました。

    この研究結果は、HIITが最大限の成果をもたらす領域は、最大心拍数90%以上で週に3040分であるということを示しており、これは一週間に30分間のクラスを2回実施することに相当します。過度のトレーニングのリスクから参加者を守るために、どれがHIITのクラスで、どれがそうでないかをはっきりと定義すること、またプログラム自体も参加者が適切な時間を通じて目標心拍数の範囲を保つことができるようなものであることの重要性も強調されています。

    この結果は、HIITの成長を膝、足首、肩における疾患率の増加と関連付けた、スポーツ傷害に関する最近の別の研究結果とも一致しています。

    「ジャーナル オブ スポーツメディスン アンド フィジカルフィットネス」で発表された研究では、ラトガース大学の研究者たちが、プログラムの制作や指導するインストラクターの養成に重点を置き、HIITクラスを安全に行えるような措置が取られるよう訴えました。

    HIITの参加者の数が非常に多いため、競争が激化し、クオリティーのばらつきや、HIITの基準に適合しない新しいプログラムが増えてしまっています。

    では安全性を確保しつつHIITの優れた成果を会員にもたらすためには、スポーツクラブはどうしたらよいでしょうか?

    スポーツクラブにとって、良質なHIITクラスは若い会員を引き付けて維持することができる確実な手段

    確実にヒットさせる

    プログラム名を正しく表記することとは別に、HIITプログラムを見直す際に、成功を確実にするために講じることができる対策が他にもあります。

    施設でHIITワークアウトを成功させるために欠かせないポイントは以下の通りです。

    • 一貫性 … 会場やインストラクターの違いに関わらず、会員に同じ体験を提供できること
    • 拡張性 … クラブの仕様やタイムテーブルの条件に合わせて導入できる安全な手法
    • 多様性 …幅広い会員層に対応した上、常連の参加者も確保すること
    • 実証性 …会員が確実に成果を得ることができるよう、HIITワークアウトの特徴である最大心拍数ゾーン(85100%)を達成するよう科学的に試験されていること

    レズミルズの調査責任者、ブライス・ヘイスティングスの考えでは、スポーツクラブは、プログラムやインストラクターの水準を維持するため、常に最新のエクササイズ・サイエンスを活用し続ける必要があるといいます。

    「バランスが良く、よく練られ、かつよく設計された、人々が求める結果をもたらすことのできるワークアウトを会員の元に確実に届けるために、スポーツクラブは常に自分たちが提供しているものについてよく知っておかねばなりません。」とブライスは言い、トレーニングゾーンを記録できるよう心拍数モニターの利用を推奨しています。

    「危険なのは、すべてのワークアウトで提供しているものについて把握していないと、互いに混ざり合ってしまい、安全性や成果が両方とも損なわれてしまう可能性があることです。」

    LES MILLS GRIT(30分間のHIITワークアウトシリーズ)の設計について言えば、ブライスはコリオグラファーと協力し、それぞれのワークアウトがHIITワークアウトの特徴である生化学的な変化をもたらすために必要な強度を達成していることを確認します。

    その後ペンシルベニア州立大学のゴットシャル博士のチームによって、ワークアウトの効果を測定するテストが実施されます。様々なフィットネスレベルの2055歳の2040人にこれを試してもらい、心拍数データを記録し、参加者が最大心拍数の最適な範囲にとどまることができる時間の長さを計算します。

    「お客様は、私たちがHIITの条件に適ったものを提供しているかどうかを見ています」とブライスは言います。「私たちのワークアウトは、できる限り効果的で魅力的であることが科学的に証明されてから、初めてクラブで利用できるようになるのです。」

    HIIT導入の秘訣

    HIITを効果的に活用しましょう

    詳しく見る