読み込み中...

0 ヵ所 あなたの近くで見つかりました

    クラスを検索する

    クラス一覧
    地図に戻る

    該当する結果がありません

    該当する結果がありません。ヒント:一番近い都市名で検索してください。


    お問い合わせ


    メンバーシップを超えた人間関係をどのようにして築いていくのか、ぜひ私たちに聞いてください。


    こちらは入力必須項目です。
    こちらは入力必須項目です。
    こちらは入力必須項目です。
    What's your phone number?
    Who are you?
    What's your role?
    This field is required.
    This field is required.
    This field is required.

    このフォームを送信することにより、あなたは利用規約に同意することになります。

    Error

    • {{validation.errorMessage}}
    Trend and news

    グループフィットネスブームの活用法

    グループワークアウトの成長を押し上げているのは誰でしょう?そして彼らはスポーツクラブに何を求めているのでしょうか?最新の調査が、グループフィットネスブームを利用してクラブの収益を上げるための秘訣を明らかにします。

    レズミルズ

    定期的にクラスに参加し、何年も契約を更新し、あなたの施設を何度も友人に勧めてくれるような、理想的なクラブ会員を生み出すものとはなんでしょうか?

    もしこれがあなたの望む顧客像であれば、既存のクラブ会員にあなたのスタジオのグループワークアウトで汗をかくよう勧める時かもしれません。

    グループフィットネスのクラスに参加する会員は、週に4回ジムに足を運んでいます(これに対し、IHRSAによる業界平均値は週に1.9回)。一方レズミルズのクラスに週に3回以上参加している会員は、参加していない会員に比べてクラブの契約期間が50%長く、これは会員ひとりあたりの会費9.8カ月分の違いを生むことになります。さらに、グループフィットネス参加者はジムのみの会員よりも18%多くの人に自分の通うジムを勧めており、グループフィットネス参加者の10%は10人以上の非会員を勧誘しています。

    簡潔に言うと、グループフィットネスの会員は、もっとも価値の高いタイプの顧客であるということです。より長くクラブにとどまり、より多くの新規会員を引き込むことで、グループフィットネス会員はクラブの順調な経営基盤を形成します。ではこうした人々を見分ける方法とはなんでしょうか?そしてあなたのクラブで彼らのような会員を増やすには何ができるのでしょうか?

    グループフィットネスに参加するのはどんな人物か?

    その答えは、ワークアウト習慣について22カ国12,000人に聞いた、2019年のレズミルズグローバルコンシューマーフィットネスサーベイ(同種の調査としては過去最大規模)にあるかもしれません。

    特筆すべき調査結果のひとつは、ミレニアル世代とZ世代がすでにグループフィットネス市場で圧倒的多数となっており、フィットネスクラス(音楽に合わせたヨガやピラティス、ダンス、グループワークアウトや小規模なグループトレーニングなど)を受ける全参加者のうち81%を占めているというものです。

    「アクティブ世代」と呼ばれるミレニアル世代とZ世代は主要な市場勢力となった

    同サーベイでは、ミレニアル世代とZ世代がスポーツクラブにとって主要な争点であることを強調すると同時に、現代のグループフィットネス市場の構造についてさらに詳しい情報を提供しています。フィットネス施設や自宅で定期的に運動を行っている人には、以下のような傾向が見られます。

    • 46%がフィットネスクラスに参加している
    • 59%のジム会員がフィットネスクラスに参加している
    • 53%のカジュアル会員がフィットネスクラスに参加している
    • 56%の女性がフィットネスクラスに参加している

    フィットネスクラスは1980年代に本格的に始まったばかりであり、長年スポーツクラブのニッチ的な存在であると認識されていたことを考えれば、現在のフィットネス市場の46%が何らかの形でフィットネスクラスに参加しているという事実は、ここ数十年のグループフィットネスブームの広がりを浮き彫りにしています。一方で、2017年に米国で初めてフィットネス会員数最大のシェアを占めるに至った(2018IHRSAヘルスクラブコンシューマーレポートより)近年のブティックスタジオの台頭は、この成長が続く見込みであることを示唆しています。

    では、スポーツクラブはどのようにして会員維持というメリットをもたらすグループフィットネス行動を促進していけばいいでしょうか?

    イシ・チェイニー(グループフィットネスがジム参加者全体の50%を占めるレズミルズ・ニュージーランド(LMNZ)の12店舗からなる強力なクラブチェーンのフィットネス部門責任者)によると、新規会員が契約後すぐに社会的なつながりを築けるよう支援することが肝心だと言います。

    「友人が多すぎるからという理由でジムを去った人はいません。」とイシは言います。「ですから、新規会員は友人を一週間無料で連れてこられるようにしたり、グループとして参加することを奨励したり、既存のグループエクササイズスタジオコミュニティーへと誘導したり、会員がクラブ内で友人関係を築けるよう、支援できることは何でもやりましょう。」

    「エクスペリエンスがより楽しいものになり、彼らが繰り返し訪れるようになるだけではありません。彼らにクラブ内でいくつもの接点をもたらすことになり、彼らが参加しないと残念だと他の誰かに思われるようになるのです。」

    グループフィットネスの参加者数を押し上げるものは何か?

    ミレニアル世代とZ世代が先頭に立ち、かつてないほど多くの人がグループフィットネスに参加しているということは分かりましたが、一体何がひとりで汗を掻くより大勢でワークアウトしたいと会員に思わせるのでしょうか?

    はっきりしていることがひとつあります。それはグループフィットネスのメンバーは、自分のトレーニングモードに強いこだわりを持っているという点です。平均的な契約期間が長いという特徴とは別に、グループフィットネスユーザーの57%がもし気に入っているクラスがなくなれば解約するかジムに通うのをやめるだろうと言っているのです。

    その一方で、契約期間の長い会員は長期契約を続ける主な要因のひとつはグループフィットネスだとしており、一貫したタイムテーブルを維持すれば利益を生む可能性もあります。また、新規会員(契約期間6ヶ月以内)の36%がクラブに参加する主な理由としてグループフィットネスを挙げており、この数字は同じクラブに3年以上在籍する会員だと51%にまで上昇します。

    肝心なのはインストラクター

    人々をグループフィットネスクラスに引き付けるもっとも重要な要因のひとつはやはりインストラクターのクオリティーです。ミレニアル世代とZ世代はどこでトレーニングを行うかを決めるときにソーシャルエクスペリエンスに重きを置いているため、インストラクターが参加者に刺激を与え、やる気を引き出せる能力があるかどうかが入会の決断に大きく影響するのです。

    ライブインストラクターは依然としてクラブのグループフィットネス成功のカギを握っている

    インストラクターのクオリティーは、ミレニアル世代とZ世代の37%がクラスに参加する理由の1位として挙げており、彼らがグループワークアウトを行う場所を選ぶ際にもっとも大きく影響しています。

    しかし彼らはうわべの良さは求めていません。彼らにとって、インストラクターは見た目よりも本質が重要であり、もっとも重要なクオリティーとして(回答者の40%が挙げたように)、知的に指導ができることを挙げています。この傾向はインドアのサイクリングクラスではさらに顕著であり、79%のライダーがどのクラスに参加するかを決定する際にインストラクターのクオリティーが「極めて重要」と見なしており、サイクリングクラス全体の楽しみを左右すると考えています。

    スウェーデンのストックホルム周辺で小規模なスポーツクラブチェーンの共同経営者を務めるマイケル・スティーンハウワーが営むクラブでは、なんと全クラブ訪問数の68%がグループフィットネスの参加者となっています。彼にとって、グループフィットネスインストラクターの質の向上に焦点を当てることは事業の成功に不可欠であったと言います。

    「私たちのジムにとって、これまで常にもっとも優先順位が高かったのは、質の高いグループフィットネスを提供して、確実に地元ナンバーワンのクラブになることでした。」とレズミルズのトレーナーでありプレゼンターでもあるマイケルは言います。

    「素晴らしいインストラクターがクラブにいてくれたおかげで、多くのメンバーが自分もインストラクターになりたいと考えるようになり、このことが事業の成長に役立つようになりました。『周囲を善人で満たすべし』『偉大さを学び、より偉大になれ』といった哲学を、私は心から信じています。」

    「姉と私は、次世代のインストラクターを自分たちの手で育てているのですが、私たちがグループフィットネスに価値を置くことと、インストラクターとしての責任をいかに真剣に受け止めているかが、彼らの態度や成長に影響を与えています。」

    人々がグループフィットネスに参加する方法

    ロックスター・インストラクターが利用者の足をフィットネス施設に向かわせ、メンバーの心を引き付けておく上でかつてないほど重要な役割を果たす一方、テクノロジーの進化によって従来のライブクラス環境を超えてグループフィットネスを楽しむ新しい方法が開かれ始めています。

    2019年のレズミルズグローバルコンシューマーフィットネスサーベイによると、今日のフィットネスコンシューマー(特にミレニアル世代とZ世代)は、自分たちのライフスタイルに合っており、かつ自分たちの思い通りにワークアウトを行えるような、シームレスで、インターネットを活用したフィットネス体験を求めています。

    自宅でのワークアウトはスポーツクラブにとってリーチを広げる大きなチャンスになっている

    サーベイに現れる数字によると、バーチャルフィットネス参加者のうちミレニアル世代とZ世代が65%以上を占め、また現在ジムに通う全人口の85%が自宅でのワークアウトも行なっていることから、今の世代の忠誠心を高めたいクラブにとっては、あらゆるタイプのフィットネス体験に対応できることが重要であると言えます。

    グループワークアウトの観点からすると、これはライブ、バーチャル、自宅でのワークアウトの全てを統合したソリューションであり、クラブの壁を超えて会員のフィットネス・ジャーニーのあらゆる側面にリーチを広げることができるものです。

    「テクノロジーがフィットネスの次なる飛躍的な成長、つまりフィットネス2.0の原動力となることは間違いありません。」フィットネスとテクノロジーの専門家、デビッド・ミントンはこう言っています。

    「スポーツクラブとオンデマンドフィットネスの間の相互作用は間違いなく高まり、クラブ会員にクオリティーの高いコンテンツや包括的なフィットネスサービスを提供することのできるクラブにとっては非常に良い組み合わせとなるでしょう。」

    「この動きにうまく適応できないスポーツクラブにとっては、クラブ会員がインフルエンサーやフィットネスのストリーミングサービスへと向かってしまう可能性があるので、経営者は消費者の好みや今後の動向を注視し続ける必要があります。」

    彼らはどんなワークアウトをしているのか?

    上述のフィットネスサーベイではコンシューマーが好むグループワークアウトのタイプについていくつかの重要な洞察を明らかにしています。

    定期的に何らかのクラスに参加している今日のフィットネス市場の46%のうち、大多数(60%)がスモールグループトレーニングタイプセッションに見られる68人からなる小さいグループよりも、大きいグループでのワークアウトを好んでいます。

    レズミルズのワークアウトは、世界中で行われている音楽に合わせたグループワークアウトにおいて、かなりの割合を占めています。こうしたワークアウトの参加者のうち45%が定期的にレズミルズのグループワークアウトに参加しており、さらにこのうち86%が参加しているクラスに「非常に満足」あるいは「満足」しています。

    ジャンルに関しては、地域による好みがあるにも関わらず、グローバルなレベルで見ると、人々が行なっているグループワークアウトのタイプはほとんど均等に分かれています。フィットネスのオプションが増えて多様化するにつれフィットネス市場は膨らんでいますが、ヨガやピラティス、ダンス、音楽に合わせたグループワークアウト、インドアワークアウト、ファンクショナルグループワークアウト、スモールグループトレーニングなどは、市場シェアとしてはいずれも数パーセントずつを分け合っています。

    コンシューマーは自分のワークアウトの幅を広げるため様々なトレーニングスタイルに参加している

    格闘技をテーマとしたクラスは会員のロイヤルティーを高める効果が高く、他のどのクラスタイプよりも効果的だということも調査で明らかになりました。格闘技にフォーカスしたグループワークアウトを行なっている会員の87%は週に3回以上ジムに通っており、週に1.9回というIHRSAによる業界平均を大きく上回っています。

    この傾向は英国のホルマーパーク スパ アンド ヘルスクラブで顕著に表れています。そこではタイムテーブルの中でスターインストラクター、ヘーゼル・デイビスのBODYCOMBAT™のクラスが常にもっとも人気が高く、同クラブの売り上げを大きく伸ばしており、参加者は人生が変えられるような体験ができています。

    「ヘーゼルの特集記事を書きたいと聞いてもまったく驚きませんでした。」とアシスタントマネージャーのダン・フィリップスは言います。「今週の彼女のBODYCOMBATのクラスは定員いっぱいで、さらに5人がキャンセル待ちしている状況です。」

    「現在ホルマーパークでは60クラス以上を提供しており、年間を通じてBODYCOMBATがもっとも人気のクラスになっていますが、これは本当にヘーゼルのおかげです。ヘーゼルのクラスはいつもクラスが終了した直後に次回が予約でいっぱいになってしまうので、皆さんのニーズに応えるために将来的にはもう一軒スタジオを立てる必要があるかもしれません。

    ダンは続けます。「クラブの立場からいうと、9月だけで112人という新規会員が入会し、当クラブ史上最高額の会費が入りました。受付に置いてある意見箱に集まったアンケートが裏付けているように、インストラクターとクラスが大きな要因であることが分かっています。」

    「満員のクラスがもたらす収益を見ても明らかなことですが、一週間に行う60クラスすべてが満員であるということは、私たちが行なっていることが確実に正しいということです。ひとりひとりのメンバーが私たちにとって大切だということを一番に考えねばなりません。ひとりひとりが70ポンド近くの月会費を支払っていることが積み重なって、クラブの収益となっているのですから。」