読み込み中...

0 ヵ所 あなたの近くで見つかりました

    クラスを検索する

    クラス一覧
    地図に戻る

    該当する結果がありません

    該当する結果がありません。ヒント:一番近い都市名で検索してください。


    お問い合わせ


    メンバーシップを超えた人間関係をどのようにして築いていくのか、ぜひ私たちに聞いてください。


    こちらは入力必須項目です。
    こちらは入力必須項目です。
    こちらは入力必須項目です。
    What's your phone number?
    Who are you?
    What's your role?
    This field is required.
    This field is required.
    This field is required.

    このフォームを送信することにより、あなたは利用規約に同意することになります。

    Error

    • {{validation.errorMessage}}
    Trend and news

    最新の調査が明らかにした、ジムでもっとも過小評価されているものとは?

    最新の報告書において、優れたグループフィットネス・インストラクターの給与を焦点とした議論が行われました。スポーツクラブにとってのインストラクターの真の価値について、そして業界が給与水準を上げてスタッフ定着率を高める方法について、フィットネスの専門家たちが探ります。

    「金儲けにはまず投資が必要だ」という古い格言は、スポーツクラブにとって、スタッフの話をする時ほどぴったりな時はないでしょう。

    今の自動化やデジタル・ディスラプション(デジタルテクノロジーによる既存産業の破壊)の時代には、影響力のある個人こそ、ライバルが真似することのできないジムで唯一のUSP(独自の強み)となります。たった一人の優れたインストラクターが何百人という会員をクラブに引き付け、長期間にわたり会員として維持することができ、そうしたインストラクターのチームがクラブの将来を決定しうるのです。

    しかしながら多くのクラブ経営者が今なおインストラクターの影響力を過小評価しており、結果として収益を悪化させるリスクを抱えています。

    最新のレズミルズ白書「フィットネス分野でインストラクターのクオリティーが及ぼす影響について」では、主要なクラブ指標に及ぼすインストラクターの影響について調査し、インストラクターの全体的な質を向上させ、急激に変化する状況下で前に進むためのソリューションについて考察しています。

    レズミルズと非営利団体であるukアクティブによるこの報告書は、従来型のスポーツクラブやブティッククラブの経営者、学者、トレーニングプロバイダー、そしていくつかの業界団体など、幅広いフィットネス業界の専門家による意見によって構成されています。

    一人の優れたインストラクターは何百人もの新規会員を引き付けることができる

    4部構成の同報告書では、ジムでもっとも過小評価されているのはグループフィットネスのインストラクターであると結論付けており、内容としては以下のような項目が網羅されています。優れたインストラクターの核となるスキルとその指導法、メンバーエクスペリエンスにインストラクターが及ぼす影響、インストラクターがクラブにもたらす価値を最大化する方法、クラブの収益を増やしつつインストラクターの報酬を上げる方法。

    また、同報告書では、より良いインストラクター育成法や報酬に投資した結果、系列の29店舗でクラス参加者が40%増加したというビレッジ・ジムの事例など、スポーツクラブで起きた関連事例を元にして洞察を行なっています。

    白書で挙げられた5つの主な洞察を以下にご紹介します。

    1)今後もインストラクターがクラブの成功を担う

    会員維持からクラブのマーケティングにいたるまで、インストラクターの役割を軽視することはできません。多くの会員は施設に対してよりもお気に入りのインストラクターに対して忠実な気持ちを持っており、またインストラクターのスキルは、会員にとって業界知識や難易度の高い資格よりも重要です。

    2)スポーツクラブの将来を決定するのはグループエクササイズ

    新世代のクラブ会員にとって、大きなセールスポイントとなるのはクラスです。ミレニアル世代の52%とZ世代の50%はグループエクササイズに参加しており、彼らは他人と一緒にエクササイズして「集団効果」という社会的なメリットを活用することを好みます。

    3)教育を軽視してはいけない

    会員を引き付け、維持することができる「ロックスターのような」インストラクターが持つスキルの影響力を理解しましょう。業界は能力レベルによるスキルの格差を埋め、インストラクターのための高品質な社内トレーニングや継続的な技能研修(CPD)に投資する必要があります。

    インストラクターはメンバーエクスペリエンスに関する独自の視点をクラブにもたらすことができる

    4)報酬と評価

    インストラクターの金銭面での待遇は20年来改善されていません。インストラクターが重視するのは給与ばかりではないとしても、やはり意欲を引き出す要因として、給与は重要です(不足すれば意欲を失わせる要因ともなります)。経営者としては、研修への投資、CPDポイント、肩書の付与や表彰など、給与を上げる以外にもインストラクターを評価する方法についてもっと検討すべきでしょう。

    5)スポーツクラブにとって優秀なインストラクターの獲得が依然として重要である

    インストラクターは主流のクラブやスタジオの最前線に立ちます。彼らはメンバーエクスペリエンスに関する最新の、そして直接的な洞察を持っています。インストラクター(特にフリーランスの)とよくコミュニケーションが取れている経営者は、インストラクターからのフィードバックを、メンバーエクスペリエンスの改善に生かし、維持率を向上させるために役立てることができます。

    調査結果を踏まえ、レズミルズ・インターナショナルのエグゼクティブ・ディレクター、フィリップ・ミルズは以下のように言っています。「インストラクターの報酬は依然として当業界が抱える最大の課題のひとつであり、従来型のスポーツクラブはこの点でブティックに遅れを取っていると言っていいでしょう。従来型のクラブでは、ひとクラス当たりの平均的な講師料金は今なお27米ドルで(IHRSA調べ)、これは1980年代以来ほとんど変わっていません。パーソナルトレーニングやブティックで23倍多く報酬が支払われていれば、新世代のロックスター・インストラクターを採用するのは困難です。」

    「ブティックや格安クラブに太刀打ちできる優秀なインストラクターを引き付けるためには、従来型のクラブでも報酬を引き上げる必要があるでしょう。報酬が能力や結果と結び付いたウィンウィンの関係であれば、これが可能になります。8月にリリースする新グループフィットネスマネージメント(GFM)トレーニングでは、金銭に限らない評価方法を含め、こうした問題に対応する詳細なシステムを打ち出しています。」