読み込み中...

0 ヵ所 あなたの近くで見つかりました

    クラスを検索する

    クラス一覧
    地図に戻る

    該当する結果がありません

    該当する結果がありません。ヒント:一番近い都市名で検索してください。


    お問い合わせ


    メンバーシップを超えた人間関係をどのようにして築いていくのか、ぜひ私たちに聞いてください。


    こちらは入力必須項目です。
    こちらは入力必須項目です。
    こちらは入力必須項目です。
    What's your phone number?
    Who are you?
    What's your role?
    This field is required.
    This field is required.
    This field is required.

    このフォームを送信することにより、あなたは利用規約に同意することになります。

    Error

    • {{validation.errorMessage}}
    Trend and news

    素晴らしいグループワークアウトには適切な音楽が欠かせないことが、研究によって明らかに

    最新のヒット曲からなるプレイリストは、クラブで行うワークアウトの単なるBGMではなく、あなたのスタジオを、刺激的で、会員を惹き付けて何度も足を運ばせる劇場のような場に変える力があります。ではクラブはどのようにして使用する楽曲を管理し、ライセンス侵害による高額の罰金というリスクから身を守ることができるのでしょうか?

    Les Mills

    60秒サマリー

    主な内容:

    • ブルネル大学のコスタス・カラゲオルギス博士が主導する大規模な研究によって、ビートに合わせた音楽は、グループエクササイズを楽しむこと、そして参加者のやる気を引き出して成果を挙げることにとって重要であることが明らかになりました。

    • 厳選された音楽は、激しい運動に対する知覚を12%低下させ、エクササイズ効果を15%、運動効率を7%、持久力を15%それぞれ向上させました。

    音楽の商業利用を規制する厳格なライセンス法は、適切な手続きを怠ったクラブに重い罰金を科す可能性があります。

    音楽が好みと合わないためにクラブへの参加が減っているという会員が7%いることから、音楽が良くないと会員が減るという可能性はあるものの、多数派について考えることが大事です(そもそも全員を喜ばせることは不可能です)。

    暗い室内、ストロボのような照明、スピーカーから大音量で流れるビートに合わせて動く人々…現代のグループエクササイズスタジオには、ダウンタウンのナイトクラブのような特徴がすべて備わっています。古臭く時代遅れのエアロビクススタジオからは程遠く、ここ5年間のブティッククラブブームで改革は加速してきました。

    フィットネスと音楽の融合が進むにつれ、グループワークアウトの体験にとってかつてなくビートの重要性が高まり、新たなイノベーションが次々と生まれてきました。ビヨンセやリアーナなど音楽界のスターがトレーニングウェアを発売する一方、スポーツクラブでも新たな動きを見せています。例えばソウルサイクルでは数々の新進気鋭のアーティストによるライブをクラス内で実施しており、またロンドンを拠点とするワンレーベルではグラミー賞を受賞したジェス・グリンとのコラボレーションのもとワークアウト用プレイリストの制作を行なったり、サイクリングクラスのバイク間の通路でジャズプレイヤーが演奏を行うライブライドクラスを実施したりしています。

    究極的なワークアウトを作る上で、音楽は非常に役に立つものであり、理にかなったものでもあります。楽しんでスタジオに足を運ぶ会員と、もう2度と来るまいと誓う会員の違いを生み出すものは、慎重に作成されたプレイリストかもしれません。

    フィットネスと音楽の組み合わせが今までになく、フィットネス経験にとって重要な要素であることが証明されています。

    ビートに合わせて走る

    音楽の重要性は、科学によっても立証されています。ロンドンで開催されるハーフマラソン、Run to the Beatでコンサルタントを務めたコスタス・カラゲオルギス博士の主導で実施されたブルネル大学による大規模な研究によると、エクササイズのテンポにぴったり合った音楽は、激しい運動に対する知覚を最大12%低下させ、有益なエクササイズ効果を最大15%、運動効率を最大7%向上させ、さらには持久力を15%高めるということが明らかになっています。

    カラゲオルギス博士は同研究についてこう説明しています。「音楽を運動に同期させることで持久力は大いに高まり、クオリティーの高い音楽がモチベーションを引き出すことにより疲労を感じづらくなるという結果が得られました。」

    音楽の役割は、サイクリングクラスで特に重要になっています。2018年に行われたukアクティブとステージズサイクリングによる調査では、回答者の86%が、グループサイクリングクラスを選ぶときに音楽が重要な要因になったと答えており、音楽よりも大切だとされたのはインストラクターと設備のクオリティーのみでした。

    質の高い音楽は、やや年配のジム利用者(ベビーブーマーやX世代)の19%にとって重要な要因となっている一方、世界中でますますフィットネスのトレンドを牽引し、いまやフィットネス市場全体の80%を占めるミレニアル世代やZ世代においては、この割合は28%にまで高まります。

    力強いビートは素晴らしいワークアウト体験を生む上で重要な役割を果たしますが、音楽のクオリティーが低いと逆にその体験を損ない、会員はジムに通うのをやめてしまう可能性もあります。「2019年レズミルズ グローバル フィットネス インサイト」によると、59%のクラブ会員が通っている施設をもっと定期的に利用したいと考えているものの、8%がクラブ内の雰囲気から、7%が音楽が好みと合わないことから思いとどまっています。

    世界トップクラスのインストラクターも、参加者のモチベーションアップのために音楽を活用しています。

    心の琴線に触れる

    不満な会員がいる状態は決して理想的ではありませんが、全員の好みに合う音楽というものは存在しないこともまた事実です。つまりビジネスとしては、多数派の会員を喜ばせ、少数派の不満を緩和するための方法を見出すことが重要です。

    スポーツクラブが会員から受け取るよくある不満の声としては、クラス内あるいはジムフロアで流れる音楽のボリュームが大きすぎる、または小さすぎるというものです。「程良いボリューム」の追求は、報われない仕事だと言っていいでしょう。

    レズミルズ・インターナショナルのエグゼクティブディレクターであり、ニュージーランドにある12軒のレズミルズのスポーツクラブのオーナーでもあるフィリップ・ミルズにとって、音楽において適切なバランスを取ることが経営面での多くの悩みの種となっていました。

    「スタジオやジムフロアで流す音楽について、適切な音量を長年探し求めてきました。」とフィリップは言います。

    「人々のやる気を引き出すには十分な音量が必要だと分かってはいましたが、うるさすぎるという苦情が何人かの会員から頻繁に寄せられていたのです。」

    「最終的に、会員を対象とした調査を行ったところ、会員の80%が音楽は『概ね良い』、17%がもっと音量を上げてほしいと答え、うるさすぎると答えた会員はわずか3%でした。ところがその3%の人々の主張が驚くほど激しく、市役所の騒音対策課にまで行って自分たちの要望を無理やり通そうとするほどでした。」

    「結局、私たちが考えた解決策としては、手頃な耳栓を調達してディスペンサーに入れ、音楽がうるさすぎると感じる人はお取りください、と無料で提供したのです。実際にはほとんど使う人などいないので、ほとんど予算をかけないようにしました。」

    音楽ライセンスのリスク

    怒れる会員の対応はさておき、スポーツクラブが直面するさらに大きな問題は、音楽を調達する上で適切な手続きを怠ると多額の罰金を科されるリスクがあるという点です。単にスポーツクラブ向きのプレイリストのシャッフルボタンを押すというやり方は、現代のジムでは通用しません。この記事を書いている時点で、サイクリング大手のペロトンが3億ドルの著作権侵害訴訟で争っているように、音楽の商業利用を規制する厳しいライセンス法があるため、多額の罰金というリスクを避けるためにはスポーツクラブは適切な手続きを踏まねばなりません。

    また、コンプライアンスという観点にとどまらず、ジムでの楽しみやモチベーションを向上させるための音楽の利用という観点からも、スポーツクラブはこの課題に取り組むべきです。SpotifyApple Musicといったストリーミングサービスが普及したことで、人々は自宅でのワークアウトに世界中の曲を自由に選んで利用することができるようになり、フィットネス業界でもこの流れに取り残されないよう本腰を入れる必要が出てきました。

    音楽に合わせたエクササイズクラスを提供する世界最大のプロバイダーであるレズミルズでは、この変化の最前線に立って高性能なシステムを開発し、スポーツクラブがますます厳しくなる音楽ライセンス法に抵触することなく確実に最新のヒット曲をクラスで利用できるようにしてきました。

    レズミルズのミュージックチームは、プログラムディレクターたちと新しいリリースにふさわしい音楽を選んでいます。

    レズミルズのアプローチ

    「プログラムの制作は音楽から始まります。」レズミルズ・インターナショナルのクリエイティブディレクター、ダイアナ・ミルズはこう言っています。「まずは身体を動かしたくなるような音楽を探します。」

    ダイアナはプログラムディレクターやコリオグラファー、作曲家やアーティストと緊密に連携する専門の音楽チームと共に、毎月何千という曲を聴いては、新しいワークアウトリリースのために10曲から12曲を選び抜いています。

    同チームは全20のレズミルズプログラムのために、四半期に一度、1年間で合計80もの独自のプレイリストを作成しますが、それぞれがワークアウトに合わせて調整されています。適切な楽曲が決定すると、チームはその権利を所有するレーベルを調べます。

    世界中の全クラスで曲を利用できるようライセンスを取得するには、数週間あるいは数カ月かかることもあります。それでも、チームでは作曲家を雇い、レズミルズのオリジナルあるいはカバー曲を依頼して、音楽があらゆるクラスのあらゆる動きに対して常に完璧であるように心掛けています。

    「例えばBODYATTACKなどのプログラムでは、より速いテンポが求められることがあります。」年間800曲の権利を取得しているライセンシングマネージャーのジョシュ・ジェームズはこう説明します。「プログラムディレクターがどうしても使いたい曲があるのに、その曲のスピードが遅すぎることがあります。そうした場合は、プロデューサーと協力して、コリオに合わせてテンポを調整したカバー曲を利用するのです。」

    レズミルズと10年以上仕事をしてきた「ビッグポップ・ミュージックスタジオ」のプロデューサー、クリス・バンデギアは、新しいリリースが出るたびに、他の音楽アルバムと同じように扱っていると言います。

    「アルバムやレコードを制作するときと同じプロセスを踏んでいます。レズミルズの利用者はリリースへの想いがとても強いので、良い音楽を付けることが非常に重要です。」

    そのプロセスには時間もコストも掛かります。「デジタル配信には依然として高額の費用が掛かります。」ジェームズは付け加えます。「10万人を超えるインストラクターのオーディエンスのためにアプリを構築し管理することは相当な投資なのです。」

    新鮮な動きと音楽、そして意欲的な会員

    プログラムのクオリティーや、プログラムをライセンスするクラブの成功にとって、完璧なサウンドトラックを確保するための時間やエネルギーは欠かすことができません。

    「BODYPUMPはうちで最も人気のクラスのひとつです。人気の理由は、何がプログラムに期待できるのかが分かっていること、そしてプログラムで使用している音楽です。」フロリダのグレーター・ネイプルズYMCAのダイアナ・シデリはこう言っています。「つまりクオリティーが高くしかも安定しているということです。これこそ会員に求められているものなのです。」

    オンデマンドのストリーミングサービスやフィットネスアプリの台頭によって、消費者にはかつてないほど多くのワークアウトオプションがあります。そのため、クラブにはライブのワークアウト体験が以前よりも確実に良くなっており、自宅からわざわざ出掛ける価値があることを保証せねばなりません。そして研究によって明らかになったように、最高の音楽は楽しさのレベルを引き上げ、成果をもたらし会員に繰り返し足を運ばせる鍵となりうるのです。

    コンサルティングを
    ご希望の方はこちら

    スタジオをいっぱいにする秘訣に、興味ありませんか?

    コンサルティングを予約する