読み込み中...

0 ヵ所 あなたの近くで見つかりました

    クラスを検索する

    クラス一覧
    地図に戻る

    該当する結果がありません

    該当する結果がありません。ヒント:一番近い都市名で検索してください。


    お問い合わせ


    メンバーシップを超えた人間関係をどのようにして築いていくのか、ぜひ私たちに聞いてください。


    こちらは入力必須項目です。
    こちらは入力必須項目です。
    こちらは入力必須項目です。
    What's your phone number?
    Who are you?
    What's your role?
    This field is required.
    This field is required.
    This field is required.

    このフォームを送信することにより、あなたは利用規約に同意することになります。

    Error

    • {{validation.errorMessage}}
    Trend and news

    調査まとめ:科学が明らかにする健康とフィットネスの新事実

    給料アップは期待せず、いいワークアウトで気分アップしましょう!お金よりもエクササイズの方があなたを幸せな気持ちにできるのはなぜか、男子が定期的に運動する必要があるのはなぜか、フィットネスが持つ脳を活性化させる力とは、毎年1,100万人の命を奪っているものは何か。健康とフィットネスの最新調査がすべての疑問に答えます。

    Emma Hogan

    お金よりもエクササイズの方があなたを幸せな気持ちに

    もちろん給料が上がれば幸せな気持ちになれます。しかし最新の研究では、エクササイズすることの方がより幸福感を感じられるということが明らかになりました。イェール大学とオックスフォード大学の研究者チームが120万人の米国人データを集め、どれだけの頻度でストレス、抑うつ、情緒的な問題を経験したかを年収と運動量との関連において分析したのです。結果、定期的に運動していない人は調子の悪い日が1年に平均53日あり、積極的に運動している人よりも18日多いことが分かりました。さらに運動をしている人は、運動していない年収25,000ドル以上の人と同じ程度の幸福感が得られていることも分かりました。調査では、ガーデニングや家事からウェイトリフティングやランニングまであらゆる運動が考慮されましたが、もっともメンタルヘルス上のメリットが大きいのは、チームで行うアクティビティー、サイクリング、ジムで行う有酸素運動などでした。

    定期的なエクササイズを行なっている男子はうつ病になりにくい

    最新の研究によると、男の子のお子さんに、定期的にエクササイズを行わせるとうつ病リスクを軽減できる可能性があることが分かりました。9歳から11歳の男子を対象としたワシントン大学の研究によると、何らかのスポーツをしている男子は、抑うつ、記憶、ストレスなどをつかさどる脳の部位である海馬がより大きいことが分かりました。もっとも顕著に違いが見られたのはチームスポーツに参加している男子です。一方、女子に関してはスポーツへの参加と海馬サイズにおける関連性は男子ほどなく、抑うつとの関連性は見られませんでした。結果が相関関係であって、因果関係ではないという点に注目すべきでしょう。この場合、次のいずれかの疑問が生じます。定期的にスポーツすると海馬サイズを増大させ抑うつリスクを低下させるのか?それとも、海馬がより小さく抑うつ傾向のある男子はスポーツに参加する割合が低いのか?

    不健康な食生活は喫煙よりもリスクが高い

    医学雑誌「ランセット」で発表された新しい研究では、質の悪い食生活と死の間に警戒すべき関連性があることが強調されています。2017年だけでも、質の悪い食生活による死亡は1,100万件を超えており、喫煙に関連した死亡件数を著しく上回っています。このデータは研究者が195カ国における食生活を分析し、食生活のリスク要因に起因しうる疾患特異的な負荷割合を推定した比較リスクアセスメントから得られたものです。同研究では喫煙などのリスク要因に関連した死亡件数も考慮に入れられています。イスラエル、フランス、スペイン、日本などは食生活に関連した疾患の発生率がもっとも低い国々です。米国は43位、また中国は140位でした。論文の著者であるアシュカン・アフシン氏によると、一般に食生活に関連した死亡数が低いのは、フルーツ、野菜、ナッツ、健康油を多く摂取する地中海式食生活に近い食事をとっている国だということです。

    エクササイズは脳の働きをどれだけ長期的に高めることができるのか?

    様々な種類、量、強度の運動が、短期的な脳機能を高める可能性があるということは周知の通りです。エクササイズの短期的および長期的な認知機能への効果を調査する最新の研究により、たった1回のワークアウト後に観察された脳を活性化させる効果が長期的な変化の広がりを示すことが明らかになりました。調査参加者は、軽い中強度のエクササイズの前後と12週間のトレーニングプログラムの終了時に脳スキャンと作業記憶テストを行いました。同テストでは、認知や機能的な脳結合性において、穏やかな強度の各運動後に最も大きな改善を示した被験者は、長期的にも最も大きな改善を示しました。