読み込み中...

0 ヵ所 あなたの近くで見つかりました

    クラスを検索する

    クラス一覧
    地図に戻る

    該当する結果がありません

    該当する結果がありません。ヒント:一番近い都市名で検索してください。


    お問い合わせ


    メンバーシップを超えた人間関係をどのようにして築いていくのか、ぜひ私たちに聞いてください。


    こちらは入力必須項目です。
    こちらは入力必須項目です。
    こちらは入力必須項目です。
    What's your phone number?
    Who are you?
    What's your role?
    This field is required.
    This field is required.
    This field is required.

    このフォームを送信することにより、あなたは利用規約に同意することになります。

    Error

    • {{validation.errorMessage}}
    Trend and news

    遂に明らかに:会員にもっとも人気のグループワークアウトとは?

    最新の調査によって、世界でいまもっとも話題となっているワークアウトの傾向が明らかになり、クラブ会員全体の中でますますミレニアル世代とZ世代が大きい割合を占めるようになる中、今後どんなグループワークアウトが伸びるのかについて手掛かりを得ることができました。

    Les Mills

    トレンド主導で有名なフィットネス業界においては、最新の市場動向に遅れを取らず、それが自身のスポーツクラブにとって何を意味するのかを常に把握しておく必要があります。

    コダックを始めとする、デジタル・ディスラプションによって破綻した有名ブランドのようには、誰もなりたくないでしょう。そしてそのためには、行く手にはだかるチャンスや脅威を常に見極めておかねばなりません。

    問題は、探すべきものが何か、あるいは探すべき場所はどこかを知ることさえ必ずしも簡単ではないということです。スマホやツイッターのアカウントがあれば誰でも意見を発信でき、フィットネスの達人やインフルエンサー、専門家を自称する人が溢れる時代において、関連性のある事実と怪しげな作り話とをはっきりと区別できる能力がかつてないほど重要性を帯びているのです。

    ほとんどのクラブ経営者は最新の洞察を得るための情報源を持っているとは思いますが、ライバルとの戦いで優位に立つために見るべきものは、まだ他にもあるのです。

    今後どのトレンドが伸びるかを物語るもっとも信頼性の高い尺度のひとつは、ジムで一番若い会員のフィットネス習慣です。ミレニアル世代とZ世代がフィットネスに通う会員の80%を占めるようになったいま、この集団(かつてないほどエクササイズを愛することから「アクティブ」世代とも呼ばれる)のワークアウト習慣は、クラブがこの先消費者によってどう形作られていくかをはっきりと示すものです。

    将来のトレンドを描くためのもうひとつの確かな戦略としては、もっとも革新的で成熟した市場で起きていることを分析し、その他の業界がそこから何を採用しようとしているかを理解することです。このことは特に近年の格安クラブやブティックの台頭や急速な拡大に見られる通りです。

    トレンドを見抜くためのこれらふたつのヒントを念頭に置けば、フィットネステクノロジーのプラットフォームであるマインドボディー社がこのほど「2019年ウェルネスインデックスレポート:アメリカにおけるフィットネス」を発表したのはまさにタイムリーだと言えるでしょう。17,000人のアメリカ人参加者を対象としてオンラインで調査した同論文では、世界最大のフィットネス市場に根を下ろすのはどのトレンドか、またそれらが各世代(特に18-25歳)にどう受け止められているのかについて研究しています。

    同報告書による特筆すべき5つの結果について:

    1. トップに立つのはヨガ

    同レポートによると、ヨガは世界でもっとも人気のグループワークアウトであり、回答者の25%が過去1年の間にフィットネス施設のヨガクラスに行ったことがあると答えています。

    ヨガは調査の対象となったすべての年齢グループ(18-25歳、26-45歳、46-65歳)でもっとも人気のワークアウトになりましたが、18-25歳のグループは年上のグループほどには夢中ではないようです。もっとも年齢の低いグループで過去1年間にヨガを行なった人の割合は21%であるのに対し、26-45歳のグループが26%、46-65歳のグループが25%でした。

    グループダンスクラスも3つの年齢層すべてで同じような参加レベルとなり(15%16%15%)、幅広く人気を得ているプログラムだと分かりました。

    グループダンスクラスはあらゆるタイプのクラブ会員に人気がある

    2. 筋力トレーニングも躍進中

    「強いのは新しいスキニーである(Strong is the New Skinny)」という意見にさらなる信憑性が加わり、ウェイト・筋力トレーニングが、回答者の17%が定期的な参加者であるとして、グループワークアウトの中で2番目にもっとも人気が高いカテゴリーだということが示されました。

    この数字は、BODYPUMP™などのウェイト・筋力トレーニングクラスが若年層の間で魅力となっていることで、その人気が高まっていることを示しています。過去一週間にウェイト・筋力トレーニングクラスに参加したと答えたのは18-25歳のグループでは19%だったのに対し、46-65歳のグループでは13%でした。

    反対に、負担の小さいグループワークアウトの人気は年齢が上がるにつれて高まるようです。ヨガと同じように、エアロビクスに参加した18-25歳のグループはたったの5%だったのに対し、25-45歳は12%、46-65歳は16%でした。

    3. 反撃に出るコンバットクラス

    同レポートでは、人々が現在行なっているワークアウトに注目すると同時に、人々が次にもっともトライしたいグループエクササイズについても調査しており、これに関して驚くべき結果が得られています。

    18-25歳および26-45歳のグループの回答者が次にトライしたいクラスでは、コンバットをテーマとしたグループワークアウトが圧倒的な人気となっています。両グループは次にやってみたいフィットネスのトップにキックボクシングを挙げており、さらにその後には僅差で格闘技が続いています。つまり、コンバットをテーマとしたグループワークアウトはこの先かなり流行するということです。

    しかしながらこのパターンは46-65歳の最年長グループには当てはまりませんでした。キックボクシングも格闘技も、彼らが次にトライしたいプログラムの上位10位までには入りませんでしたが(1位は17%を集めたヨガ)、穏やかな格闘技(太極拳など)には回答者の11%が言及しています。

    18-25歳および26-45歳のグリウープの回答者が次にトライしたいクラスでは、コンバットをテーマとしたグループワークアウトが圧倒的な人気となっている

    4. 古きも新しきも

    今回の調査で復活の兆しを見せたもっとも驚くべき運動のひとつは、水泳です。過去10年間、ほとんどの世界市場で参加率が低下しているにも関わらず、水泳は3つの年齢グループすべてにおいて、次にトライしたい運動の上位3位に登場し、投票総数の14%を占めました。

    しかし、かつての人気スポーツが復活の兆しを見せているとはいえ、思いも寄らない新しい運動の組み合わせが、今後のグループフィットネスのタイムテーブルを形作っていくこともありうるかもしれません。ロッククライミングやポールダンスが18-25歳のグループが次にトライしたいワークアウトの上位10位に入っている一方、サイクリングやハイキングがリストに入ったことは、ジムの経営者がクラブの外にリーチを広げる計画を加速し、アウトドアの活動への需要の高まりを促進する方法を見出す必要性を示唆しています。

    ミレニアル世代とZ世代へのマーケティングのための4つのコツ

    5. 定期的にワークアウトを行うと、生活全般について熱心になる

    同レポートでは、運動とより広い健康行動の結び付きが強まっていることも強調しています。運動を行えば行うほど、健康的な習慣が身につき、感情面、知性面、精神面、環境面、社会面、職業面など健康に関するさまざまな側面に対して健全な姿勢で臨むようになる傾向が高まります。

    具体的には、一週間に5回以上運動をする人は、それほど運動をしない人に比べて健康的な態度や姿勢を示す傾向が高いということが分かりました。もっとも運動しない人(一週間に1回以下)は、精神面や社会面など健康に関するさまざまな側面に関する健康的な習慣を示す傾向がもっとも低くなっています。

    これは、モチベーションと運動の継続性を高めるための運動(特にグループワークアウト)が持つ力に関して実証済みの業界の原則と一致しています。

    2019年レズミルズ グローバル コンシューマー フィットネス サーベイによると、グループフィットネスのクラスに参加している会員は、平均で一週間に4回施設に通っています(これに対しIHRSAによると業界平均は週に1.9回)。一方、週に3回以上レズミルズのクラスに参加している会員は、参加していない会員に比べ会員継続期間が50%長く、これは会員ひとり当たりの会員期間が9.8カ月長いことになります(ukアクティブ研究所、2018年)。さらに、グループフィットネス参加者はジムのみの会員よりも18%多くの人に自分の通うジムを勧めており(2019年レズミルズ グローバル コンシューマー フィットネス サーベイより)、グループフィットネス参加者の10%は10人以上の非会員を勧誘しています。

    BODYCOMBAT:20年の歴史

    お客様のクラブを成功に導くグループフィットネス プログラムをお探しですか?

    詳細を見る