読み込み中...

0 ヵ所 あなたの近くで見つかりました

    クラスを検索する

    クラス一覧
    地図に戻る

    該当する結果がありません

    該当する結果がありません。ヒント:一番近い都市名で検索してください。


    お問い合わせ


    メンバーシップを超えた人間関係をどのようにして築いていくのか、ぜひ私たちに聞いてください。


    こちらは入力必須項目です。
    こちらは入力必須項目です。
    こちらは入力必須項目です。
    What's your phone number?
    Who are you?
    What's your role?
    This field is required.
    This field is required.
    This field is required.

    このフォームを送信することにより、あなたは利用規約に同意することになります。

    Error

    • {{validation.errorMessage}}
    Trend and news

    ファイトクラブの新ルール:誰もが話題にしていること

    ボクシングやキックボクシング、ムエタイや総合格闘技などに発想を得たクラスがミレニアル世代やZ世代の間で流行したことをきっかけに、いまや格闘技型ワークアウトは主流としての地位を獲得する勢いです。格闘技の人気が再燃した理由や、スポーツクラブがその人気を利用する方法とは?コンバットのクラスほど威力のあるものは他にない5つの理由をご紹介します。

    Les Mills

    60秒まとめ

    • キックボクシングをテーマとしたクラスは、18-25歳と26-45歳の各グループで、次にもっともトライしたいワークアウトとなっている
    • ランブル、エブリバディー・ファイツ、ロンドンのコボックスなど、コンバット(格闘)をテーマとしたブティックスタジオの波がトレンドから生まれている
    • ボクシングやコンバット、総合格闘技などをテーマとしたブティックは、全フィットネスセグメント中もっとも若い、平均年齢27歳という層を惹きつける
    • 総合格闘技をテーマとしたクラスを受講するジム会員はもっとも忠実なメンバーであり、86%が週に3回ジムを利用している(業界平均は1.9回)

    1. コンバットスポーツの人気が再燃

    少し前まで、MMA(総合格闘技)は「オクタゴン」やインターネット上のニッチなコーナーに限定されたものであり、ボクシングをやる人の割合やテレビの視聴率は、リングに向かって真っ逆さまに落下していました。しかしMMAなどのコンバットスポーツがメジャーになり、一流タレントの出現(数名挙げるならデオンテイ・ワイルダー、アンソニー・ジョシュア、タイソン・フューリーなど)や注目を集める勝負などに後押しされ、ボクシングが世界的な復活を遂げるにつれ、コンバットをテーマとしたエクササイズの人気が高まり、男女を問わずこれに参加したがるようになりました。

    フィットネステクノロジーのプラットフォーム、マインドボディー社による「2019年 アメリカのフィットネスに関する報告書」によると、コンバットをイメージしたエクササイズは増えており、少なくとも週に一度はグループエクササイズを行なっているアメリカ人の20%がキックボクシングや格闘技、あるいは太極拳などの「穏やかな格闘技」などに参加しているということです。

    2. 若い消費者は闘う意欲を持っている

    ここ数年で勢いを取り戻したコンバットをテーマとしたエクササイズですが、いまのところ流行が減速する兆しはまったく見せていません。マインドボディー社の報告書によるとヨガ(25%)、筋力トレーニング(17%)、ダンスフィットネス(15%)などがすべての年齢層にとってもっとも人気のワークアウトタイプとなっていますが、若い消費者は新しいもの、挑戦的なものを求めています。

    特にキックボクシングの可能性は大きく、18-25歳と26-45歳のカテゴリーにおいて、もっとも挑戦したいワークアウトはキックボクシングをテーマとしたクラスだということです。

    どんなトレンドでも同じですが、業界は若い人の行くところに付いて行きます。そしていま、ミレニアル世代とZ世代のフィットネス消費者は、闘いたくてたまらないのです。

    コンバットをテーマとしたエクササイズの人気が高まり、男女問わず参加したがるようになった

    3. 市場を成長させるのは先を見据えたブティック

    ブティック型フィットネススタジオは、コンバットをテーマとしたグループエクササイズの牽引力にいち早く気が付いていました。ボクシングをテーマとしたアメリカのブティック「ランブル」はエクイノックスとジャスティン・ビーバーのマネージャー、スクーター・ブラウン氏から資金を得て10軒近くまで拠点を拡げ、さらにジョージ・フォアマン3世による「エブリバディ・ファイツ」のコンセプトは7店舗(単独ブティックやミッドタウンアスレチッククラブのような高級クラブのインハウスレジデンス)に広がっています。大西洋の向こう側にあるロンドンでは、2014年以来ブティック「ワンレベル」が激しいカーディオボクシングクラス「ランブル」で人気を集めており、「コボックス」やアンソニー・ジョシュアが応援する「BXR」も話題となっています。

    IHRSAによる「 2018年ヘルスクラブコンシューマーレポート」によると、こうしたコンバットをテーマとしたブティックは、あらゆるフィットネスセグメント中顧客の平均年齢がもっとも若く、わずか27歳となっています。ところがこうしたブティックの利用者は、同時に他のクラブカテゴリーでも活動しており、彼らの90%は別の施設の会員でもあるため、コンバットクラスはエクササイザーの主たるフィットネス計画を補完するものであるということが分かります。

    同レポートによると、コンバットをテーマとしたブティックの利用者は、ひと月当たり平均99米ドル支払っていることも分かっています。これは一回当たりの料金に換算すると15.66米ドルであり、これに対し、多目的型の商業ジムの料金は8.99米ドルとなっています。

    主たる多目的フィットネス施設がこの流行を取り入れ、クラブ内で同等のクオリティーのコンバットクラスを提供することができれば、会員はコンバットのために別料金を支払って他のジムに通う必要がなくなり、会員維持率や会員満足度が向上するでしょう。

    4. 格闘技に熱心な会員こそがもっとも忠実な会員である

    闘いのコミュニティーは、激しいながら忠実な集団です。レズミルズの調査によると、格闘技をテーマとしたクラスの参加者のうち、86%が少なくとも週に3回ジムに通っており、これに続くのがインドアサイクリング(82%)と HIIT81%)です。さらに熱狂的な集団もあり、格闘技型クラスの参加者の30%が週に5-6回クラブに通っており、さらにほぼ5人にひとり(19%)が毎日通っているのです。彼らには休日など必要ないようです。

    クラスが終了すると、コンバットをテーマとしたクラスにまた来たいと強く思う主な理由は、一般的にメンバーがワークアウトから得ることのできる望ましい成果にあります。55分間のBODYCOMBAT™クラス(コンバットに発想を得て、空手やテコンドー、ボクシング、ムエタイ、カポエイラ、カンフーなどの動きを取り入れたレズミルズのプログラム)は、740カロリーを消費し、クランチを1700回行うのと同等のメリットをコアにもたらすことが分かっています。一方で、エネルギッシュなキックやパンチのコンビネーションは、特に女性参加者にとってエンパワーメントの感覚を刺激します。

    コンバットをテーマとしたクラスが終わると「また来たい」と強く願う主な理由は、一般的にメンバーがワークアウトから得ることのできる望ましい成果にある

    フィットネスを再開し、健康的な体重を取り戻した元米海兵隊員のロン・アルコット氏は、長年抑圧されてきた自尊心を高めるのにコンバットエクササイズが役立ったと言います。

    「初めてBODYCOMBATに出会ったのは2010年の2月でした。その頃僕は軽く9キロは体重オーバーしていて、あまり良い自己イメージを持てていませんでした。でもCOMBATにはまってからは、8ヶ月間少なくとも週に2回クラスに通いました。」とアルコット氏は語ります。

    「すぐに体重が11キロ減り、ウエストのサイズが36から32になりました。そんなサイズになったのは1990年に海兵隊のブートキャンプを卒業して以来でしたね。」そしてこう付け加えます。「今41歳ですが、人生で一番引き締まった体型だと感じています。おかげで自信が付き、ハーフマラソンを2回走りましたよ。」

    5. グループワークアウトとオンデマンドフィットネスの人気に恩恵を受けるコンバットクラス

    米スポーツ学会の年次予測報告書で第2位のトレンドとしての地位を確立したグループトレーニングと、オンデマンドのフィットネスストリーミング(ペロトンやテクノジム、LES MILLS™ On Demandなどが提供しているもの)は、現在のフィットネス業界における二大トレンドとなっています。これらふたつはまさにコンバットエクササイズの発展に役立つものなのです。

    グループサイクリングやウェイトリフティングとは異なり、コンバットトレーニングの強度や調整要素は動的な体重移動に基づいたものであるため、高価なイクイップメントを用いることなくスタジオやジムフロアで簡単に教えることができます。

    一方、コンバットをテーマとしたクラスは、そのポータビリティという性質によって、クラブのスタジオ内の体験を会員が自宅やアウトドアでも再現できるため、クラブにとっては、ジムの外にまでリーチを広げることができる理想的なオプションとなります。例えばBODYCOMBATLes Mills On Demandのユーザーに非常に人気が高く、加入者による全視聴回数の16%を獲得して、同プラットフォーム上で2番目に多く視聴されたプログラムとなっています。

    BODYCOMBAT:20年の歴史

    お客様のクラブを成功に導くグループフィットネス プログラムをお探しですか?

    詳細を見る