読み込み中...

0 ヵ所 あなたの近くで見つかりました

    クラスを検索する

    クラス一覧
    地図に戻る

    該当する結果がありません

    該当する結果がありません。ヒント:一番近い都市名で検索してください。

    Acquisition & retention

    新グローバルレポートがもっとも人気のワークアウトトレンドを発表

    ClubIntelによる2019年のグローバルトレンドレポートは、20カ国11,500施設に対して行った調査に基づき、フィットネス業界でもっとも人気なものは何か、そしてスポーツクラブがどのように新しい課題に対応して進化を遂げているのかについて、新たな洞察をもたらします。ここではグループワークアウトの将来に関する5つの特筆すべき結果について見ていきましょう。

    レズミルズ

    「ものごとをまだ種のうちに見抜けるのが天才だ」

    ClubIntelの「世界のフィットネス業界トレンドレポート: What’s All the Rage(いま流行しているもの)」で取り上げられている、古代中国の哲学者、老子からの引用です。

    もちろんこの格言は、初期の段階でトレンドを把握できる人がその後の成長や主流化にもっとも有利な立場にあるということを意味します。そしてこれこそがこの年次レポートが目指すものです。つまり世界中のフィットネス業界に現れつつある最新のトレンドや、そのトレンドを活用するために経営者が取るべき行動を明らかにするということが、このレポートの目的となっています。

    世界のフィットネス市場におけるパワーの変化、スポーツクラブで人気が急上昇しているグループワークアウトのトレンド、あるいはそれほど人気が出ていないテクノロジーのトレンドなど、読んで検討すべきたくさんの情報が94ページにまとめられています。

    今回のレポートでは、20カ国およそ11,500店のスポーツクラブ及びスタジオのフィットネス専門家から得た洞察をまとめています。また4つのカテゴリー(イクイップメント、施設、プログラム、テクノロジー)におけるトレンドについて掘り下げ、クラブセグメント(ブティック、スタジオ、格安クラブ、高級クラブ、非営利団体など)や地理的地域の違いによってどういった違いがあるかについて検証し、マクログローバルな洞察と、特定のタイプのクラブに合わせた洞察の両方を提供します。

    では、今日の世界のフィットネス業界に撒かれた種について、レポートは何を教えてくれるのでしょうか?そしてこの先数年間のうちに根付くものとは?グループワークアウトの世界的な流行を牽引するトレンドに関する5つの注目すべき調査結果について、以下にご紹介します。

    1. クラブの「細分化」

    この調査では、レポートの著者であるスティーブン・サレート氏の「従来の多目的型クラブは、3,000人の会員によるひとつのコミュニティーを対象にするのではなく、100人の会員による30のグループを対象にしようとしている」とする近年の主張を踏まえ、施設の領域が特定のグループワークアウトにより多く割り当てられるようになってきているとして、「クラブの細分化」が進んでいる点を強調しています。

    機能性トレーニングゾーンの世界的な普及率が42%で1位になっており、その他ストレッチゾーン(40%)、グループサイクリングスタジオ(35%)、マインド・ボディースタジオも増加傾向にあり、特にミレニアル世代とZ世代の間でヨガとグループサイクリングワークアウトの人気が高まっていることが反映されています。

    出典/世界のフィットネス業界トレンドレポート: What’s All the Rage

    著者によると、近年マスコミの注目を集めているにも関わらず、クラブでは広まっていないニッチなワークアウトトレンドについても同じことが言えるようです。メディカルエクササイズエリアは世界のクラブのわずか9%にしか存在せず、ホットヨガスタジオ(7%)やヨガウォール(3%)もやはり稀にしかありません。

    「これらの分野では、ここ数年で多くのメディアに取り上げられてきたものを提供しています。」と著者は述べます。「しかしクラブでの実施はメディアが取り上げているほどには行われていません。」

    2. 依然人気のHIIT – グループエクササイズの分野を牽引

    スタジオ食物連鎖のトップに君臨し続けるHIITは、クラブの56%で提供され、世界でもっとも人気のグループワークアウトとなっています。また6人以下の少人数で行うグループトレーニングHIITも約半数(49%)のクラブで実施されています。

    一方、グループサイクリングクラスの世界的な普及率は50%(営利目的施設では75%)で、プレコリオのグループエクササイズ(レズミルズのクラスなど)は世界の施設の43%で実施されています。

    「グローバルなプログラムのトレンド上位10位のうち7つはグループエクササイズ系(HIIT、サイクリング、ブートキャンプ、プレコリオ、ヨガなど)で、残り3つはトレーニング関連(パーソナルトレーニング、フリーウェイト、機能性トレーニング)です。」と著者は述べています。

    「このことから、影響力のあるグループエクササイズクラスがいかにメンバーエクスペリエンスを提供するようになったかが分かります。もうひとつの重要な洞察は、異なるプログラムを提供するブティックでない限りは、グループサイクリングやHIITのクラスあるいは少人数グループトレーニング、ヨガは欠かせないプログラムだということです。」

    出典/世界のフィットネス業界トレンドレポート: What’s All the Rage

    3. より多くのプログラムが「溝を乗り越えて」メインストリーム市場へ

    レポートの著者はエヴェリット・ロジャースによる有名な著書「イノベーション普及学」の中で初めて提唱されたロジャース普及曲線を用いてグループワークアウトの台頭を図表にし、現在業界の主流となっているプログラム、主流に近いプログラム、ニッチなプログラムに分類しています。

    50%の普及ポイントを超えたHIITやグループサイクリングはメインストリーム市場の後期追随者層に分類されており、メインストリーム市場の初期追随者層に分類され50%のポイントに迫っているのは、ブートキャンプスタイル、コンディションクラス、プレコリオグループエクササイズ、トラディショナルヨガ(アシュタンガ、ハタ、アイアンガーなど)、そしてバーやイクイップメントベースのクラスなどです。

    そしてまだ「溝を乗り越えて」おらず、普及率16%を超えていないプログラムは、マインド・ボディベースの格闘技(15%)、エアリアルヨガ(10%)、EMSトレーニング(4%)などです。この段階では、いずれもグループワークアウトのニッチという形になっています。

    出典/世界のフィットネス業界トレンドレポート: What’s All the Rage

    4. 「デジタル・ダーウィニズム」から見ると、スポーツクラブはテクノロジー面で遅れを取っている

    このレポートでは「デジタル・ダーウィニズム」のクラブへの影響について考察しています(「デジタル・ダーウィニズム」とは、テクノロジーや社会が、企業が自然に適応できないほど早く進化している現代の時代精神を表す造語)。

    レポートの著者は、「フィットネス事業者がテクノロジーを採用して活用するスピードが、将来の成功に重大な影響を与えるだろう」と述べており、後れを取ったクラブは消滅の危機に瀕すると警告しています。

    全クラブの半数(49%)が自店の宣伝にSNSを活用しているという報告があるにも関わらず、会費のオンライン決済に対応しているのは現在たったの22%であり、グループワークアウトのサービスをサポートするテクノロジーの採用も開始したクラブはいまだにごくわずかです。

    レポートによると、世界中のクラブの約13%がバーチャルによるグループエクササイズクラスをクラブ内で提供している一方、このうちクラブの外でストリーミングが可能なクラスを提供しているのはわずか三分の一にすぎず、この点について著者は厳しい警告を発しています。

    「異業種プレイヤーであるPelotonやフィットネス業界大手のレズミルズやWexerが提供するストリーミングまたはダウンロードが可能なフィットネスコンテンツを導入済みのフィットネス企業は、わずか5%である。」著者はこう述べています。

    「フィットネス体験が実店舗からデジタルへと移行するにつれ、事業者は時代に取り残されないよう、より積極的にこうしたプラットフォームを求めていくことが必要になるだろう。」

    5. もはや流行を生み出すのはアメリカだけではない

    長い間グローバルなフィットネストレンドの発祥の地となってきたアメリカですが、同レポートによると、もはやアメリカは業界の主要なトレンドセッターとは言えないようです。同レポートは、業界で著しいパワーシフトが起きていると指摘しており、あらゆるフィットネス市場における競争が激化したことで、競争に勝つため経営者らはよりスピーディーな進化と革新を迫られるようになり、グローバルな業界トレンドは今やアジアやヨーロッパ、ラテンアメリカなどからも現れるようになったとしています。

    著者は、この新しい世界秩序について「トレンドが地球上のどの地域からでも現れる可能性があるだけでなく、多くの場合、トレンドが普及する度合いにはその地域市場が影響を及ぼす」ということを意味すると報告しています。人々の好みに影響を与える年齢や文化的な慣習、所得水準など、それぞれの市場の人口構成や文化的慣習も考慮に入れることも重要でしょう。

    GET THE FULL REPORT

    Access all of the insights from ClubIntel

    DOWNLOAD REPORT