LES MILLS QUALIFICATIONSについて

インストラクターが最高の自分になるためのフレームワークとして、従来のアセスメントをより成長に繋げられるようにブラッシュアップしました。

Les Mills Qualifications (レズミルズクオリフィケーションズ。以下LMQ)では、インストラクターの能力や継続的な成長のために、何が必要かを認識し、反映させた成長フォームを提供します。そして、インストラクター自身が自分の強みに基づいた成長プランを構築できるように設計されています。

このシステムは、ピアノや空手などの習い事と同じで成長するにしたがって等級が上がっていく仕組みになっています。LMQでは、レベルやグレードはインストラクタースキルの成熟度を表すものです。

LMQの最終的な目的は、インストラクターが満員のクラスを長期的に教え続けることができるようになることです。

THE WHY

Les Mills Internationalによる『Global Fitness Trend Report 2021』の調査で、日本のフィットネスユーザーの69%が「(フィットネスの)初心者」であり、初心者がグループフィットネスクラスに求めるものの中で1番の優先順位は、「インストラクターのクオリティ(品質)」であり、また優れたインストラクターがいることによって、会員紹介に結び付く可能性は2.5倍に高まると報告されています。

この結果が表している通り、インストラクターの品質はクラブビジネスを成功へと導く大きな要因となります。

何が変わるのか

インストラクターは本認定取得後も本人が希望すればクラススキルの評価を受けることができるようになりました。各キーエレメントごとにグレード(1~3)が付き、その組み合わせで最終的なレベル(1~10)が決定します。定期的に評価を受けることにより自分のクラススキルの現在地、そして成長を実感することができ、さらなる成長への目標を設定することができるようになります。それによって、より自信を持ってクラスを教えることが可能になります。

経験を積んだインストラクターは、イニシャルモジュールトレーニング(IMT)がインストラクターとしての始まりに過ぎないことを知っています。実際の現場に出てからが本当の意味での成長の始まりなのです。LMQは、それをサポートするために生まれました。

LMQ評価は、既存の以下アセスメントからの切り替えで使用されます。

・IMT

・本認定ビデオ

・タッチポイントビデオ

クラブのメリット

  • クラスの品質

    所属インストラクターのクラス品質向上、品質の高いインストラクターの雇用が可能となり、クラブメンバーへ質の高いクラスの提供が期待できます

  • インストラクターの
    成長意欲

    インストラクターの成長意欲が高まり、離職率の低下が期待できます

  • タイムスケジュールの作成

    インストラクターの強みを知ることでどの曜日、時間帯のクラスにインストラクターを配置するかなど、タイムスケジュールを戦略的に作成する助けになります

インストラクターの
メリット

  • 現在地の確認

    グレードやレベルはインストラクター個人のスキルを示すものであり、インストラクターは自身の現在地を知り、目標を設定し、より成長することができます

  • 強みを知る

    インストラクターは自分の強みを知り、それをより伸ばすこと、そしてフォーカスすべき点がクリアになります

  • クラスに活かす

    グレード、レベル、強みが明確になることで、クラブへ自身のPRやクラスを持つチャンスにも良い影響が期待できます

新しい評価方法について

LMQの開始に伴い、従来のインストラクター評価方法が変わります。この仕組みは、ライセンス取得のための評価基準とほぼ同じですが、単に必要項目を満たしているかというチェックだけではなく、インストラクター自身の強みと成長の機会に焦点を当てます。

LMQは、5つのキーエレメント(コリオグラフィー、テクニック、コーチング、コネクション、パフォーマンス)におけるインストラクターの強みを測定するものです。 インストラクターは、5キーエレメントそれぞれの評価を受け、その組み合わせによってレベルを獲得できます。例えば、コリオグラフィー、テクニック、コーチングでグレード1を獲得したインストラクターは、レベル1が付与されます。焦点はグレードにあり、インストラクターが5キーエレメントでより高いグレードに進むと、レベルもそれに比例して上がっていきます。レベルが上がるごとに、インストラクターへ認定証を発行させていただきます。

グレードの組み合わせによるレベル一覧表

インストラクターの強みはそれぞれ異なります。例えば、コネクションが高ければ、テクニックが低くても、クラスが人気になることがあります。LMQでは、そんなインストラクターの持つ「強み」を高めながらも、他のキーエレメントのスキルも向上させることができる仕組みになっており、インストラクターは継続した成長を実感することができます。

土井 希実子

レズミルズジャパントレーナー

今の自分に満足していますか?Les Millsインストラクターとして成長し続けられるサポートシステムに変わります!クラスを満員にするために、リピーターを増やすために。参加者により素晴らしい経験をしてもらうために!今の自分の強みと伸びしろを発見し、高めていく。階段を上るように一歩ずつ自分の成長を応援しましょう!

山根 敦史

レズミルズジャパントレーナー

海外で一足先にスタートしているLMQが日本でも遂に導入されることになりました。レズミルズインストラクターとして、自分自身の強みを知ることができたり、今後どこを伸ばしていきたいか、そのために何をするべきか、どういったところにチャレンジをしていきたいかなど、自分自身と向き合う時間をつくることができます。自分と向き合う、客観視することは勇気がいることですが、だからこそ見えてくるものや発見がたくさんあると思います。世界中のインストラクターに大きな気づきを与えてくれるLMQ、これから続いていくインストラクター人生の中での気づきの一つに活用してみてください。

世界初のレベル10獲得!

皆様へのロンチ前に準備の一環として一足先にトレーナーチームのレベル認定を実施し、谷顕真トレーナーが世界で初めてとなる最高レベルであるレベル10LES MILLS GRITで獲得しました。

そんな谷トレーナーへクラスへの取り組みやLMQについてお話をお伺いしました。

LMQの開始時期

以下プログラムの本認定動画およびタッチポイントビデオは

2022年7月1日(金)よりLMQでのグレード評価がされます。

その他プログラムは順次追って導入していきます。

無料アセスメント期間について

以下のスケジュールで既に本認定をお持ちの皆様のレベル認定ビデオを1プログラムにつき1回無料でレベル認定致します。ご希望の場合はビデオをお送りください。

※無料でのレベル認定はタッチポイントに換算されません。​

本認定ビデオは以下スケジュール関係なく随時受け付けております。

2023年1月以降について

前年のタッチポイントをクリアしていれば、そのプログラムにおいて、1年間に1回のレベル認定ビデオを無料で提出いただけます。

(例:2022年のタッチポイントをクリアしている場合は、2023年に1度LMQの認定を受けられます)

上記以外のレベル認定ビデオアセスメントは5,500円(税込)となります​。

※無料でのレベル認定はタッチポイントに換算されません。

ビデオ提出方法

LMQは、認定資格の維持のための必須項目ではありません。これはインストラクターとしてのスキルを伸ばし続けるための自己啓発ツールです。

LMQ認定ビデオの提出には、特に期限はありません。時間をかけてフィードバックを見直し、学んだことを活かしてください。自分が成長したと感じ、ステップアップの準備ができたら、レベル認定用のビデオを提出する時です。

※グレードレビューの撮影に際しては公民館やレンタルスタジオを利用しての撮影は致しかねます。

※撮影可能場所はレズミルズと契約のある施設のみとなります。

※所属クラブやレッスン実施先等にて撮影を実施いただけますようお願い申し上げます。

川本 弘幸

レズミルズジャパントレーナー

LMQを受けて、やはり自分のクラスを客観的に見直す機会になったことが一番です。例えば、テクニックで「自分はそう動いてるつもり」が、評価を受けて改善できましたし、各エレメントのフォーカスが明確になったことで、これから取り組みやすいです。コメントの内容が、私のことをとても考えて書いてくれていると伝わってくるので、もっと頑張ろうと思えるものでした!

田村 真紀

レズミルズジャパントレーナー

LMQを受けることで、自分が伸ばすべきところが明確になりました!!特に長いことレッスンをやっていると、プログラム関係なく自分スタイルが出来上がってしまってるので、こういう機会は成長につながるいい機会でした!

伊藤 慎

レズミルズジャパントレーナー

自分はどのレベルにいるのか?自分の強みは何なのか?を知ることができ、自分自身で目標を設定することができます。そうすることで常に自分自身をアップデートし続け、それがモチベーションに繋がります。是非この機会に自分自身と向き合ってみませんか?

丸橋 冬弥

レズミルズジャパントレーナー

LMQを受けたことによって自分の中で一番のメリットは今までのアセスメントでは触れることのなかった範囲までの評価をしてもらえたことです。その結果オーバーコーチングになっていることに気付くことができたのでより音楽を楽しんでもらうためには何を削減していくことが必要なのかを考える時間が取れました!自分のクラスを見直すいい機会になったと思います!!

よくある質問

どのような効果が期待できますか

LMQの効果を検証するため、中東のLes Millsチームによるトライアルが実施されました。46名のインストラクターが、BODYPUMP, BODYBALANCE, LES MILLS COREのIMTを5回にわたって受講しました。トライアル参加者のうち22名はLes Millsのトレーニングシステムに初めて参加し、24名はすでに1つ以上のLes Millsプログラムの認定を受けている経験豊かなインストラクターでした。

すべてのトライアル参加者は、成長フォームによって目標を設定することの価値や自分の強みを知ることができたと述べています。一人残らず、成長フォームのフィードバックが参考になり、認定取得への次のステップを理解することができたと述べています。

この評価システムでは、偏見なく評価される保証はありますか

ビデオアセスメントを行うアセッサーとトレーナーは全員LMQアセスメントを実施するために、ダイバーシティ(多様性)トレーニングを受講しています。アセスメントを行う際に無意識のバイアス(偏見)を取り除くための研修をしており、トレーナーチームで統一された認定結果となるようにすり合わせを何度も行っています。

評価結果によって認定資格を失うことはありますか

認定インストラクターとして、認定維持要件を満たしていれば認定を失うことはありません。もちろん、自分の強みを明確にし、ニーズに合わせた継続した成長を目指すために評価は何度でも受けることができます。

インストラクターは、ライセンス維持のために以下の条件を満たす必要があります。

・3か月ごとに配信されるデジタルミュージックキットを購入

・毎年1月1日~12月31日の間に2回タッチポイントを達成

現在本認定ビデオの提出準備を行っていますが、変更に伴い影響はありますか

71日以降に提出されたビデオは全てLMQの評価方法が使用されます。これに伴うインストラクターの皆さんのクラススキルの準備に影響はありませんが撮影方法については以下にご留意ください。

  • LIVE(対面)クラス、参加者は4名以上のクラスを撮影ください

※スタッフの方にご協力いただいても構いません

※参加者も数名映るように撮影してください(鏡越しに映っているのを確認するか、最初に4名以上参加していることがわかるよう、録画スタートしてから参加者を一度映し、セッティングしたり、参加者にカメラへ手を振ってもらうなど、工夫をしてください)

※参加者が3名未満のクラス動画では、コーチングとコネクションにおいてはグレード1までしか付与されません

  • 正面から撮影してください。背面でのクラス映像は再提出となります ※ただし、RPMは斜め45度が望ましい
  • カメラはビデオを再生した際に横長の画面になるようにしてください
  • インストラクターの全身がうつるように撮影してください

※参加者とインストラクターがかぶってみえなくなることがないように配置ください

  • 途中で動画を停止していたり、編集したものは再提出となります

トレーナー/アセッサー/プレゼンター(TAP)チームになるためにはどのくらいのレベルが必要なのでしょうか

TAPチームの採用は別のプロセスになります。レベルやグレードはインストラクターとしての成長のためのものであり、TAPチームに入るための要件ではありません。LMQは、インストラクターとして向上し続けるために、自分の長所と成長分野を理解するのに役立ちます。

《参考》レズミルズジャパントレーナーのレベルは平均7となっています。

なぜコリオグラフィーにはレベル3がないのですか

どんなプレゼンターでも振付を間違えてしまうことはあります。それを考慮し、コリオグラフィーにはレベルを2つしか設定していません。素晴らしいワークアウトは、5つのキーエレメントをすべて組み合わせることで生まれます。

レベルやグレードを上げるためには何をすればいいですか

5つのキーエレメントはそれぞれ一定のグレードに評価され、それらの組み合わせでレベル、つまり総合的な結果が生まれます。

アドバンストレーニングに参加し、自分の強みを伸ばすための個人的なスキルアップを継続することで、キーエレメントの向上に見合ったレベルの向上を実感することができます。

レベルは評価によって割り当てられ、結果はLes Mills Connectにて確認することが出来ます。

なぜレベル6と6.5があるのですか

5つのキーエレメントはすべて継続的に評価され、それぞれのキーエレメントに対して1、2、3のグレードを組み合わせて達成することが認められます。各レベルには2つのパターンがあり、これは5つのキーエレメントをほぼ同じペースで向上する方もいれば、1つか2つのキーエレメントに強みを持ちながら他の要素が向上していく方もいらっしゃいます。レベル6と6.5は非常に近い成長段階にあるため、同じレベルの中に含まれます。

レベルを維持するために継続的にビデオの提出は必要ですか

レベルを維持するために評価ビデオを提出し続ける必要はありませんが、グレードやレベルを上げるためにはLMQ評価を受ける必要があります。

インストラクターは、現在のレベルを維持するためにはライセンス維持同様、以下の条件を満たす必要があります。

・3か月ごとに配信されるデジタルミュージックキットを購入

・毎年1月1日~12月31日の間に2回タッチポイントを達成

レベルが下がることはありますか

成長フォーム上でグレードが下がることはありますが、レベルが下がることはありません。つまり、前回評価を受けたグレードの組み合わせでレベル5を付与され、今回評価を受けた際に実際はレベル4になるグレードの組み合わせになったとしても、レベル5であることに変更はありません。ただし、前回の評価よりもグレードが下がったエレメントについては成長フォームで記載をし、評価を向上させるためのフィードバックや提案が記載されます。

プログラム毎にレベルが異なることはありますか

インストラクターとして強みが似ていることがあるかと思いますが、各プログラムは5つのキーエレメントにおいて評価基準が多少異なるため、プログラムによって結果が違う可能性があります。