バーチャルがクラブを一変させる方法について

大ヒットしたワークアウトエクスペリエンスから、まったく新しいタイプのクラスへ。ジャック・フィリップスが次世代型バーチャルフィットネスが市場を変遷させる方法と、クラブが時代を先取りするには何ができるのかについて調査します。

バーチャルフィットネスソリューション(スクリーン上で上映されるグループワークアウト)は、近年飛躍的な成長を見せています。12,000件を超える世界中のヘルスクラブで採用されていると見られ、メンバーへの価値提案を推し進めるうえで経営者がデジタルソリューションの可能性を探る中、バーチャルは高い需要があるといえます。

タイムテーブルを強化し、スタジオスペースの投資対効果を高めるというのが、バーチャルフィットネスが脚光を浴び始めたときの二大セールスポイントでした。しかし、クラブでの採用が進むにつれ、レズミルズ・バーチャルのような一段と高度化したソリューションは、お客様の習慣を再構築し、次世代型バーチャルの到来を告げているのです。

“ 「バーチャルエクササイズは急成長しました。しかし、メンバーのニーズは常に変化するものです」とレズミルズCEOのフィリップ・ミルズは言っています。”

イズソリューションなどの発達に伴い、メンバーの期待はテクノロジーの進化と同じように急速に高まっています。競争力を保ち、ユーザーと関わり続けていくためには、クラブは変化し続けねばならないのです。」”

常に「次は何?」と問われる今日には、消費者はクラブからより多くを、より早く求めるようになっています。このことは、ヘルスクラブのグループエクササイズの将来にとって、どのような意味を持つのでしょうか?

当社では、バーチャルフィットネスがヘルスクラブのグループエクササイズを一変させ、クラブやメンバー、そしてインストラクターにとっても多くのチャンスをもたらす4つの方法について研究しています。

1.バーチャルフィットネスがライブクラスの参加者数を押し上げる

バーチャルフィットネスは、ヘルスクラブの将来の姿です。とはいえこれは、ライブクラスが過去のものであるという意味ではありません。これからもグループエクササイズエクスペリエンスのトップに君臨するのはライブクラスでしょう。ライブクラスとバーチャルクラスを効果的に組み合わせているクラブは驚くべき成果を生み出しており、そこではバーチャルクラスがライブクラスの参加者数を実際に増やす働きをしています。市場調査ではバーチャルフィットネスのユーザーのうち75%がライブクラスにも参加しているという数字が出ています。さらには、クラブがバーチャルワークアウトとライブワークアウトの両方を実施している場合、ライブクラスの参加率が平均で12%向上するという数字も出ています。

バーチャルは、「ジム恐怖症」に苦しむ人々が、思い切ってライブクラスに飛び込む前にまずはグループフィットネスという水の水面につま先をつけてみることで、ライブクラスへの入り口のような役割をしているようです。このソリューションは手の届かなかった若年層にとっても大きな魅力となっています。市場調査によると、ミレニアル世代を取り込むと、30%以上のバーチャルユーザーを生み出します。

「バーチャルがあれば、これまでは絶対にクラスを始めなかった人々の背中を押すことができます。その多くはバーチャルクラスにはまり、ライブクラスへと進むのです。」グッドライフ・ヘルスクラブの創立者兼CEOのデイビッド・パッチェル‐エヴァンス氏はこう言っています。「バーチャルによって、クラブのインストラクターは、クラスの規模を含め、常連の参加者のより大きな基盤を構築することができるようにもなります。」

2.選択が当たり前の時代

今日の“常時ON”式の経済制度では、消費者は自分の望むものを自分の望む時間に選択できることを期待しています。バーチャルは、クラブメンバーが持つこの期待を満足させることができます。バーチャルユーザーの70%以上が、いつでも都合の良い時間にワークアウトを行えるその柔軟性に心を惹かれたと言っています。

< 結果として、バーチャルはグループエクササイズを完全に新しいオーディエンスに開放されることになります。これまでは起こりえなかったことですが、シフト制の勤務者など、オフピーク時のオーディエンスも、何時であろうとグループフィットネスを体験できるのです。

「レズミルズ・バーチャルは、RPM™やBODYPUMP™、BODYCOMBAT™などをやってみたいと考えているシフト制の勤務者たちには大きな魅力になるでしょう」とベネフィットネス&ヘルスセンター・フェアビューパーク・サウスオーストラリアのマネージングディレクター、ダレン・サウル氏は言っています。

“ 「多くの人たちにとって、通常のライブクラスに参加できないのは、ただ時間が合わないからだということが分かっています。ですが、土曜日の遅い時間や日曜日の午後のクラスならば参加できるのです。」"

大きな期待の集まる所に大きなチャンスがあります。ますます高まるこの選択に対する要望を満たせるクラブが成果を得ることになるでしょう。ブティックスタジオがそこにしかないクラスを集中的に行うことで成功しているのに対し、伝統的なヘルスクラブは提供する内容の幅を広げることで、メンバーへの付加価値を高めてきました。

イギリスでは、デビッド・ロイド・サウサンプトンがレズミルズ・バーチャルを通して200クラス以上を追加し、週に合計340クラスを提供するようになりました。結果、クラブではクラス参加者が毎週400名増え、メンバーの維持にも大きな効果を与えています。

「サウサンプトンではバーチャルはまさにゲームチェンジャーになっており、クラスのキャンセルはなくなり、新しいさまざまなプログラムを提供できるようになりました。」とデビッド・ロイドのグループヘルス&フィットネスサポートマネジャー、エレーン・デントン氏は言っています。

「メンバーはオフピーク時にもクラスを利用できるようになったことを喜んでおり、たくさんの昔のメンバーをグループエクササイズに取り戻すこともできました。」

3.オフピークの終焉

投資対効果において、スタジオが空であることは損失となることは周知の事実です。ミンテル(2017)によると、平均的なヘルスクラブのサイクルスタジオは、一日の83%が待機時間であり、これは最大160,000ドルの収益減になりうる数字です。クラブが設備を活用し、またワークアウトのオプションを一日中提供することでピーク時の負担を減らすには、バーチャルは理想的なソリューションであると言えるでしょう。

「スタジオを(特にサイクリングのスタジオを)よりうまく活用して利用率を向上させるために、私たちはレズミルズの新しいバーチャルソリューションをどうしても導入したかったのです。」フランスのアクアロフト・フィットネスクラブのマイケル・ブリックはこう言っています。

「メンバーからのフィードバックは非常に良好です。メンバーは、可能な時はいつもライブクラスやコーチオプションを選ぶとしても、バーチャルエクスペリエンスのクオリティーは特に好評です。」

そのうえ、「常時ON」のグループエクササイズをタイムテーブルに加えるのは、新規メンバーを惹きつけるにはうってつけの方法です。6割ものメンバーが、ジムの提供するグループエクササイズのクラスの数(ライブおよびバーチャルの)が、そのジムに通うかどうかの決め手となったと述べているのです。 「入会を検討しているメンバーに、何時に来てもクラスの用意があると伝えれば、」ニュージーランドのレズミルズ・ニューマーケットのマネジャー、キャリー・ケップルはこう付け加えています。

4.「悪くない」だともう物足りない

恐らくバーチャルフィットネスの影響力を証明するもっとも偉大なものは、マーケットセグメントを崩壊させようとしているということでしょう。採用するクラブが増え、次世代型バーチャルフィットネスの時代に入ろうとしているいま、クラブのバーチャルソリューションにとって成功の決め手となるのはコンテンツのクオリティーです。テクノロジーの進化が早いのと同様に、メンバーの期待が高まるのが早いということは、バーチャルにとっては、すべては体験から、ということです。

「映画産業に匹敵するようなものです」とフィリップ・ミルズは付け加えます。「五つ星の映画は大ヒットしますが、二つ星の映画はそうでもありません。大切なのは体験ですから、フィットネスクラブは、高品質で映画のようなコンテンツを求め、オフピーク時を最大限に有効活用し、参加者をライブクラスへ呼び込んでいかねばなりません。」

レズミルズのバーチャルクラスはわくわくするような、ライブクラスを映画のようなクオリティーで再現したようなものです。ヒットチャートの上位にある音楽を聴きながら、世界トップクラスのインストラクターによる指導を受け、比類なきバーチャルエクスペリエンスを創出するのです。

このスタジオで照明とサウンドを組み合わせたものが、あなたをライブエクスペリエンスに可能な限り近付けています。

クラスは常に新鮮さが保たれるよう3ヶ月毎に更新され、また、メンバーが豊富な選択肢の中から選べるよう、レズミルズのプログラムは幅の広い構成となっています。