読み込み中...

0 ヵ所 あなたの近くで見つかりました

    クラスを検索する

    クラス一覧
    地図に戻る

    該当する結果がありません

    該当する結果がありません。ヒント:一番近い都市名で検索してください。

    Audience insights

    フィットテックによって、将来のジムはどうなっていくのか?

    シリコンバレーの企業家のひとりでありハーバードビジネススクール卒業生でもある、レズミルズ・メディアCEOのジャン=ミシェル・フルニエは、自身のフィットネスへの情熱とリーン・スタートアップ メンタリティーを組み合わせ、革新的な製品を急速に広めています。この記事では、最新のフィットネストレンドや、失敗が成功の元である理由、そしてなぜ将来のフィットテックにおいても人と人との交流が欠かすことのできない存在であり続けるのかなどについて、同氏が解説します。

    レズミルズ

    あなたの役割について教えてください。

    私は世界一の役割を得たと思っていますよ!レズミルズ・メディア(レズミルズ・インターナショナルの一部門)のCEOとして、世界的な消費者向け事業、B2B全般やD2Cdirect-to-consumer)による製品のデジタルポートフォリオ、当社の世界規模の音楽管理などの代表を務めています。

    メインフォーカスのひとつは動画配信のプラットフォームであるLES MILLS™ On Demand LMOD)です。レズミルズでもっとも人気のプログラムの中から800以上の優れたワークアウトを消費者がどのデバイスからでもストリーミングできるというものです。LMODは近年著しい成長を遂げており、私たちはこの分野がフィットネスの将来に甚大な影響を与えると考えています。

    なぜそれがフィットネスに大きな影響を与えることになると思うのですか?

    「どこででも、そしてあらゆる場所で」という感覚が当たり前の、フィットネスユーザーの二大勢力であるミレニアル世代とZ世代は、現在フィットネス市場の80%を占めています(2019年レズミルズ グローバル コンシューマー フィットネス サーベイより)。「デジタルネイティブ」であるこの世代は、テクノロジーが途切れなく日常生活に組み込まれた環境で育ってきたため、フィットネス体験に対するニーズも進化しています。加えて、自宅でのフィットネスというトレンドも成長を続けており、スポーツクラブ会員の85%が自宅でもエクササイズを行っているということが分かっているため、統合されたフィットネスソリューションに向けて高まる彼らの期待に応えるべく、私たちの業界も進化していかねばなりません。

    クラブ会員の85%は自宅でもワークアウトしています。

    具体的にはどのような姿になっていくのでしょうか?

    デジタル・ディスラプションやテクノロジーがあらゆる業界、特にフィットネスに影響を及ぼす中、私たちはフィジカルとデジタルを途切れなく融合させる360度のフィットネスソリューションをクラブパートナーや彼らの会員に提供したいと考えています。私たちはこれを「スポーツクラブの消費者化」と呼んでいます。つまり従来のフィットネス施設の壁を拡張して、いつでもどこでも会員が好きなようにエクササイズを行えるようにするのです。

    これほど多くのワークアウトスタイルがある中で、ライブクラスの長期的な将来像はどうなっていくのでしょうか?

    私たちは社会的な存在なので、対面して得られるものがベストな体験となるでしょう。ライブクラスは会員維持率や紹介率を高め、会員の価値判断を押し上げることができますが、クラブ体験を拡張するテクノロジーがあれば、これらをさらに増強することができます。

    フィットネスの長期的な将来像は、拡張現実やホログラフィーテレプレゼンスなどの技術進歩を利用したものになるでしょう。Microsoftが最近行ったHoloLens 2のデモンストレーションでは、このデバイスには、世界中のあらゆる言語を瞬時に翻訳することができる人間の高解像度ホログラムを生成することができるということが示されました。つまり近い将来、拡張現実ヘッドセットさえ装着すれば、場所や言語を問わず、私たちのお気に入りのインストラクターが文字通りオンデマンドとなって登場できる可能性が開かれたのです。

    これが2030年にどうなっているのかはまだ分かりませんが、技術の進歩とともに、ライブインストラクターが多くのチャンスや課題に直面していくのは確かです。これまでのところ、バーチャルやオンデマンドサービスの出現で新たな競争に直面してきたことにより、彼らは技量を向上させ、結果としてインストラクター全体の水準が押し上げられてきました。私はイノベーションの力を固く信じています。「上潮はすべての船を持ち上げる」のです。

    では数年後のライブクラスはどう進化しているのでしょうか?

    短期的には、優れたライブクラスでは、素晴らしくエネルギッシュなインストラクターと触覚的なオーディオテクノロジー、拡張映像などが融合して、没入体験を生み出すでしょう。巨大なスクリーンに映し出された高解像度の拡張映像を通して、ユーザーが感知できる触覚的な音楽を、没入型のビジュアル体験に重ねることが、より体験的なライブクラス体験を生み出すための大きな一歩になるでしょう。

    デジタル世界とフィジカル世界の間のギャップを埋め、統合されたフィットネス体験を提供できる者が大きな勝利を収めるでしょう。短期的には、グループサイクリングクラスのTHE TRIPが切り拓いた没入体験が、クラスの体験を強化する高品質な映像を伴い、他のクラス(バーチャルとライブ両方)のフォーマットにも広がっていくでしょう。満員のスタジアムで歓声をあげる人々を背景にしたダンスワークアウトや、春のアルプスの山々を映し出すスクリーンに囲まれて行うヨガクラスを想像してみてください。こういったことが現実になる日は近いでしょう!

    解像度の高い映像を大きなスクリーンに映し出して行うワークアウトは、「体験」の提供の第一歩です。

    フィットテックにおける人工知能の役割をどう捉えていますか?

    AIはフィットネスやウェルネスに間違いなく変革をもたらすでしょう。ウェアラブルと食品を組み合わせ、いつ何を食べるか、何時間睡眠を取り、いつワークアウトを行うかなどをデータに基づいて決められるようになれば尚更です。AIはスポーツクラブの会員との関わり方も変革する可能性があります。Netflixがユーザーの好むテレビ番組を学習して提案を行うのと同じように、消費者は体験的なワークアウトやパーソナライゼーション、そしてスマートな提案によってライフスタイルがサポートされることをますます求めているため、AIは会員のあらゆるウェルネスニーズをサポートする上で非常に大きな役割を担うようになるでしょう。

    テクノロジーがフィットネスに及ぼす影響について、あなたがもっとも楽しみにしているものはなんですか?

    この業界が勢いを増しているということは、私たちが真の変化を生み出そうとしているということです。レズミルズの使命はより健康な世界をもたらすということですが、先ほど話題にしたようなテクノロジーは、フィットネスを民主化し、大衆へ広める上で重要な役割を担うでしょう。私たちの単独の力で世界を救えるということではなく、私たちが直面している環境問題に対処するために少しなりとも貢献することができるということです。移動手段や普段食べる食品の選択、そして医療費の削減に至るまで、人々がより健康で引き締まった体になることは、世界にとって良いことです。多くのチャンスやテクノロジーが次々に現れるいま、私たちは何十億という人々の健康に変化をもたらす大きな可能性を抱えています。そして私はこの変革の中心にあるのが AIだと思っています。何においても重要なのはデータです!わくわくしますね。

    フィットテックの分野で革新する企業にとって最大の課題とは?

    物事が絶えず変化する今日の複雑なビジネス環境では、完璧な形で遂行することよりも、素早く遂行することの方が遥かに重要です。ソリューションや製品を完璧に仕上げようとしているうちに状況が変わってしまい、いつの間にか製品やソリューションが見当違いなものになってしまうかもしれません。「充分良い」状態にし、出荷し、市場のフィードバックに応じて改善し、きれいにして、これをまた繰り返す。このアプローチを使えば、反復学習による雪だるま効果により、遥かに早いソリューションが実現できます。

    いつも「試して学ぶアプローチ」をとる必要があるということは、常に挑戦していなければならないということです。失敗を受け入れねばなりませんが、なるべく早く、要領よく失敗せねばなりません。その意味で、リーン・スタートアップの手法は私にとってキャリアを通して非常に価値のあるものでした。

    アイディアの実現において最善の方法は?

    行動を起こすことです。他に方法はありません。私たちのチームでは、ブレインストーミングをするか、あるいは誰かに天才的なアイディアがあれば、とにかくそれを実現させます。何も行動を起こさないよりは、不完全であっても何らかの行動を起こした方がずっと良いと思います。途中でアイディアがどう発展していくかを見るのも興味深いものです。思い付いた当初のアイディア通りになることもあれば、最初のアイディアがどこから来たのか分からなくなるほど進化を遂げることもあります。重要なのは、柔軟性を持って、アイディアの可能性を信じ、うまくいくよう必要な支援を提供することでしょう。

    フィットテックの分野で働く若い企業家にアドバイスを与えるとしたら?

    自分が情熱を感じることをしてください。自分が信じることをしてください。私は自分のために何かを行うことは決してありません。すべては自分の人生の目的のために行います。世界中の人々がこうあるべきだと考えることではなく、自分たち自身の考えに沿うようにと、皆さんを励ましたいと思います。立ち直る力を持つことは大変重要なことなのですが、現代の人々にはこれがなかなか見られません。私自身の人生を振り返ると、自分がみんなよりも賢いと思ってしまうような間違いは犯していませんが、立ち直る力や情熱はずば抜けており、このことが大きな意味を持ったと思います。

    もうひとつ、これまで私が従ってきた重要なアドバイスとしては、「自分よりも優れた人材を雇うこと」です。スタートアップは急速に成長するため、同僚や従業員に大いに自主性を与える必要があります。これがあなた自身を管理しながら継続的に改善を図るための最良のやり方なのです。もしあなたが周囲の人に仕事を任せられないなら、戦略的成長がうまくいく可能性は、著しく下がってしまうでしょう。