Club & facilities


お問い合わせ


メンバーシップを超えた人間関係をどのようにして築いていくのか、ぜひ私たちに聞いてください。


こちらは入力必須項目です。
こちらは入力必須項目です。
What's your phone number?
Who are you?
What's your role?
This field is required.
This field is required.
This field is required.

このフォームを送信することにより、あなたは利用規約に同意することになります。

フォームにエラーがあります

  • {{validation.errorMessage}}
なぜグループフィットネスなのか

グループフィットネスで事業を強化する

レズミルズとのパートナーシップをお考えですか?ご相談ください。

グループフィットネスはクラブ運営者が抱える長年の課題に劇的な効果をもたらす可能性があります。それは顧客維持です。以下ではその証拠を見ていきましょう。

フィットネスはこれまでとない成長を遂げています。定期的にエクササイズする人の61%がジム系のエクササイズをやっています。しかし、フィットネスクラブ事業にはまだ課題が残ります。参加人口が高い数字に達しても、どこでどんなワークアウトに参加するかという選択肢は増え続けているからです。こうした過当競争の環境では、顧客の忠誠度を保つことはこれまで以上に困難です。

フィットネステクノロジーのおかげで、安価なクラブ、ブティックスタジオ、クラブ外でのオプションが増えています。ミレ二アル世代やZ世代と言われる大きな顧客層は従来のクラブが提供していない新しいフィットネスを求めています。消費者は従来のようなフルサービス的なジムの会員であり続けるより、トレーニングの多様性を求めて様々なワークアウトをミックスしマッチしています。

このような背景を考えた場合、常にフィットネスクラブ業界のアキレス腱である顧客維持という課題がいまだに最大の課題として残っていることは驚きではありません。

もちろんこの慢性的な課題に唯一の簡単な解決策はありません。ただし、顧客保持レベルを許容範囲にまで引き上げるために必要な事項をまとめることはできます。我々は会員がフィットネスとクラブを好きになるように誘導しなければなりません。

会員がフィットネスクラブを好きになるレシピ

では、何から始めたらよいでしょうか?

会員がクラブを好きになるために何らかの役割を果たすのは我々ではなくグループフィットネスです。実際にも、レズミルズの委託によりニールセンが実施した消費者調査では、特定のフィットネスクラブを再訪する理由として1位が場所、3位が設備の制定とメンテナンスという回答の中、「フィットネスクラスのすばらしさ」は2位となりました。

まだ信じられないでしょうか? Independent Researchが実施した調査でも、会員維持率を高めるためにはグループフィットネスが強力な役割を果たすという結果が出ています。2013年から2014年にかけて7ヶ月間にわたり英国で行われたMelvyn Hillsdon博士とザ・リテンション・ピープル(TRP)の研究では、ジムメンバーシップだけの会員の方がグループエクササイズ会員よりキャンセルのリスクが56%高いことが分かりました(会員1,000人当たりの月間キャンセル件数では27.6対17.7)。

インターナショナル・ヘルス・ラケット&スポーツクラブ協会(IHRSA)の調査によると、ジム会員のみのユーザーが平均週2回ジムに来るのに対して、グループエクササイズの参加者は週2.7回クラブを訪れることがわかりました。それにより、グループエクササイズの参加者とクラブとの間には更に強いつながりが生まれ満足度も上がるため、より長期にわたりメンバーシップを継続する可能性が統計的に高くなります。

しかし、なぜこのような結果がでたのでしょうか?グループフィットネスの何が特別なのでしょうか?

フィットネスが楽しくなる

グループエクササイズには、ハイレベルな相互作用、音楽、変わった動き、インストラクターが主導するモチベーションの高さといった特徴があり、楽しく魅力的な経験となります。レズミルズで我々が作成する全ての新しいルーチンの中心にあるのがこの優勝の方程式です。

なぜなら、結局のところ、会員がフィットネスを好きになることが我々の望みであり、会員をエクササイズ体験に夢中にさせたいと我々が望んでいるのであれば、エクササイズ体験を楽しくし、会員がリピートしたくなるようなものにすること以上に良いアイディアがあるでしょうか?

英国のDavid Lloyd Leisureでグループヘルス&フィットネスマネージャーを務めるMichelle Dandはこう言います。「ジム、プール、屋外、専用スタジオ、どこであれグループフィットネスは楽しいものであり、素晴らしい仲間意識の感覚を築くのに役立ち、効果的なプログラミングを通じて素晴らしい効果をもたらします。また、グループエクササイズは会員の再訪率を向上させ、最終的には長期にわたり会員であり続けるという結果につながります。」

コミュニティの構築につながる

グループで活動する人数は多ければ多いほど良いでしょう。TRPリサーチのMelvyn Hillsdonによれば、話し相手だと思えるような信頼できるトレーニングの友人を持つ人は、そうでない人よりもメンバーシップをキャンセルする確率が40%低くなります。

そのため、レズミルズのフィットネス部門責任者Ish Cheyneは「グループエクササイズスタジオに既にあるコミュニティに新会員を誘導する」ことをクラブに推奨しています。Cheyneは次のようにも言っています。「会員がクラブでで友人関係を築くための手はすべて尽くしてください。これによって、ジムでの時間が楽しいものになり、リピートの可能性が高くなるだけでなく、新会員とクラブとの接点が複数になります。つまり、その新会員が来なければ誰かが寂しがってくれるということです。

結局のところ、友達が多すぎるからといって、またはグループエクササイズのスタジオが友達を作るのに最高の場所だからといってジムを退会する人はいません。

トレーニング効果をもたらす

会員維持の中核となるのはトレーニング効果であり、トレーニング効果を得るための鍵はエクササイズの習慣を構築し持続させることです。

会員が自分だけで達成するのが困難な目標でも、グループ単位で行うことで、またクラブがサポートしインストラクターや周りのコミュニティメンバーがモチベーションを喚起することで、フィットネスを生活の中に組み込むことに成功する可能性ははるかに高まります。

英国のミルトン・ケインズにあるオペレーター1Lifeのフィットネス部門および顧客経験部門責任者であるJohn Blackburnは「1週間を通じて多種多様なクラスが実施されているため、グループエクササイズだけで会員のプログラム計画を作成することができる」と言います。「BODYPUMP, THE TRIP、BODYATTACK、CXWORXのようなプログラムに定期的に参加している会員は驚くべきトレーニング効果を上げています。バラエティー豊かな選択肢があるので会員は退屈することがなく定期的に参加します。最近6か月で10キロ減量した人もいますし、筋力がついて筋肉の調子が改善した人もいます。」

物理的な結果だけではありません:新しい研究によるとソロワークアウトに比べ、グループフィットネスはストレスレベルの大幅な低減にもつながることが証明されています。

強い基盤づくり

これらすべてがグループフィットネス体験をクラブの強固な基盤として事業を構築すべき理由であり、理由はほかにもまだあります。これはグループフィットネス体験だけでなくすべてのレズミルズ体験にも当てはまることです。

GymKampen(フィンランド)のAnnica Stråkaは、「Les Millsのグループフィットネスがベスト!」と言っています。「当クラブの会員は、音楽、コリオグラフィー、それぞれにあったレベルの安全なコーチング、そのすべてを気に入っています。」

1LifeのBlackburnは、「レズミルズのクラスとそれ以外のクラスの両方をレッスンメニューに取り入れていると、レズミルズのクラスが会員に与える影響がはっきりわかります」と言っています。「今までサイクリングのクラスを全く好まなかった会員がTHE TRIPにはまったこともありました。レズミルズのクラスは素晴らしい体験を提供してくれますし、やりがいのあるワークアウトでもあるため、私たちにとって非常に貴重です。」

最終的に、会員がワークアウトを好きになってくれれば、彼らはクラブも好きになります。それでクラブの再訪回数が増え、友達も連れてきてくれます。

レズミルズのグループフィットネスプログラムを通じて事業を強化する方法をお伝えします。今すぐお問い合わせください。

なぜグループフィットネスなのか
レズミルズとのパートナーシップをお考えですか?ご相談ください。


お問い合わせ


メンバーシップを超えた人間関係をどのようにして築いていくのか、ぜひ私たちに聞いてください。


こちらは入力必須項目です。
こちらは入力必須項目です。
What's your phone number?
Who are you?
What's your role?
This field is required.
This field is required.
This field is required.

このフォームを送信することにより、あなたは利用規約に同意することになります。

フォームにエラーがあります

  • {{validation.errorMessage}}